モトローラ、Moto Z / Moto Z Playを発表。光学ズームモジュールやプロジェクター化も可能な夢のモデルに

 Motorola Mobility Japanは、フリースマートフォン「Moto Z」および「Moto Z Play」を国内発売すると発表しました。指紋認証やDSDS(デュアルSIMデュアルスタンバイ)に対応。発売日は10月中旬以降。

Moto Z

Motorola-motoz

 上位モデルとなり、5.5インチWQHD有機ELディスプレイを搭載。Snapdragon 820や実行4GBメモリなど、ハイスペックな仕様です。

OS Android 6.0 Marshmallow
CPU Qualcomm Snapragon 820
メモリ 4GB
ストレージ 64GB
ディスプレイ 5.5インチ WQHD 有機EL
カメラ 13MP F1.8 光学手ぶれ補正 レーザーAF
インカメラ 5MP
バッテリー 2600mAh
寸法 約155×75.3×5.2mm, 約134g
Black, White
その他 IPX2

 価格は税別8万5800円。

Moto Z Play

motozplay

 Moto Zの廉価版モデルとしてMoto Z Playが位置づけられています。

 バッテリー容量は3510mAhとMoto Zよりも大容量ながらも、急速充電対応により、わずか15分の受電で最長8時間の駆動ができるとしています。

OS Android 6.0 Marshmallow
CPU Qualcomm Snapragon 625
メモリ 3GB
ストレージ 32GB
ディスプレイ 5.5インチFHD 有機EL
カメラ 16MP F1.8 像面位相差オートフォーカス レーザーAF 4K動画
インカメラ 5MP
バッテリー 3510mAh
寸法 約156.4×76.4×6.99mm, 約165g
Black, White
その他  

 価格は税別5万3800円。

Moto Mods

moto-z

 「Moto Z」および「Moto Z Play」に対応した「Moto Mods」も発売されます。光学ズーム付きカメラ、プロジェクター、オーディオ、バッテリーなどのモジュールが装着可能です。

この記事にコメントする

comments powered by Disqus