iOS11は、いよいよ32bitアプリ終了に向けた最終宣告だ。

iphone-5-xperia-z

 本日公開された「iOS 11 beta」では、32bitアプリケーションがサポート対象外となることが明らかとなりました。

 App Storeの検索結果から32bitアプリが除外されるなどの兆候はありましたが、インストール自体はできました。

 しかし「iOS 11 beta」では、32bitアプリはiOS 11で動作するようアップデートが必要だ、とのメッセージが。新規インストールすらできなくなっている模様です。32bitアプリは、アプリのページを直接開いても、ダウンロード履歴を辿っても、インストールボタンが表示されずインストールは不可能。

32bitappsios11

 Appleは、一般ユーザーにも、段階的に警鐘を鳴らしてきました。32bitアプリに対して、iOS 10.1ではiPhoneの動作が遅くなる場合がある、iOS 10.3では将来のiOSのバージョンでは動作しないなどと、度々警告メッセージを表示してきました。32bitアプリへの終了宣告がiOS 11となったわけです。

 2013年9月にiPhone 5がリリースされた時、Appleは64bitアプリケーションをサポート開始。iPhone 5はあくまで32bitプロセッサでした。iPhone 5sでは、64bitのA7プロセッサを搭載しています。このことから、今回のiOS 11の対象デバイスは、iPhone 5s以降のデバイスとなっています。32bitプロセッサを搭載していたiPhone 5およびiPhone 5cは、見事にiOS 11のアップデート対象外に。いよいよ32bitアプリに別れを告げる必要があります。

 さて、どのアプリが32bitアプリなのか?確認する方法は以下の通り。

  • 設定→一般→情報→App→アプリケーション互換性

2017-06-06 19.55.21

 もし、アプリケーション互換性の一覧が表示されなかったとすればラッキーです。あなたのiOSに32bitアプリはインストールされていません。開発者たちの努力に感謝しましょう。互換性のないアプリが表示されてしまった場合は、同種の別アプリを探して乗り換える必要があります。

 WWDC2017で同時に発表されたMac用の基本ソフト「macOS High Sierra」についても、32bitアプリをサポートする最後のmacOSであると言及されており、32bitアプリ終了の流れは確固たるものです。