au、中古端末のSIMロックを解除不可に。

freedom-au-by-kddi-logo

 KDDIは、auのSIMロック解除の受付条件を一部変更すると発表しました。

分割払いの場合:購入から101日目以降でSIMロック解除可能に

 分割払いの場合は、機種購入日から101日目以降よりSIMロック解除手続きが可能になります。変更実施は2017年8月1日以降。

 なお、2017年12月1日以降、対象回線におけるSIMロック解除実績があり、かつ前回のSIMロック解除受付日から101日目以降なら、機種購入日から100日以内の場合でもSIMロック解除は可能とのこと。

一括払いの場合:支払い確認できたら解除可能に

 一括払いの場合は、一括払いの支払確認後より手続きが可能になります。変更実施は2017年12月1日以降。

対応機種から中古端末が除外

 SIMロック解除対応機種は、これまで通り、2015年4月23日以降発売の機種。

 一方で、新しい受け付け基準として、「契約者本人の購入履歴の有無」が追加されました。今後、購入履歴のない端末、つまり家族や友人から譲り受けた端末や中古携帯ショップで入手した白ロム端末は、SIMロックを解除できないことになります。新基準の適用開始は2017年12月1日以降。