携帯番号、ついに「060」解禁へ

japanese-feature-phone-garake-

 朝日新聞が報じたところによると、高市早苗総務大臣が閣議後会見で、携帯電話の番号「060」を解禁する準備を始めたことを明らかにしたとのこと。060番はFMC用に割り当てられていましたが、現在は廃止されています。

 携帯電話の番号の先頭は090が割り当てられていましたが、後に080も開放。さらにPHS用であった070も、090/080との相互MNPが解禁されたことで、携帯電話用となっています。

 携帯電話の番号は総務省が毎年約1000~1500万番号ずつ割り当てていますが、090/080はすでに埋まり、070も2590万番号しか残っておらず、近年のスマートフォンの伸張はもちろんのこと、IoTデバイスへの番号割当も行われており、番号は順調に枯渇しています。ここで060にも解禁というのは当然の流れでもあります。今年10月にもIoTデバイス向けに020が解禁される予定もあります。

 総務省は060をFMCに割り当てるとする省令を改正し、枯渇の様子を見て具体的な番号解禁時期を決めるとのことです。