ドコモ、大容量プランにおけるテザリング利用料の無料措置を無期限延長。

ntt-docomo-logo

 NTT docomoは、大容量プラン「ウルトラパック」における「テザリング利用料」の無料化キャンペーンを、無期限に延長すると発表しました。

 NTT docomoは大容量プランにおけるテザリングを使用するためのオプション料金として税別1000円/月を設定しています。これを2018年3月まではキャンペーンにて無料でしたが、このキャンペーンの期間を延長するというわけです。

 ウルトラパック開始後の利用状況からネットワークに大きな影響が発生しないことから延長するとしています。ウルトラパック以外ではテザリングの利用にオプション料金は掛かりません。

 「テザリング利用料」無料キャンペーンが無期限延長となるプランは以下の通り。

  • ウルトラシェアパック100
  • ウルトラシェアパック50
  • ウルトラシェアパック30
  • ウルトラデータLLパック
  • ウルトラデータLパック
  • ウルトラビジネスシェアパック100
  • ウルトラビジネスシェアパック50
  • ウルトラビジネスシェアパック30

 日本国内の携帯三社は類似した大容量プランを横並びで導入済み。これらのプランでの「テザリング利用料」も横並びで1000円に設定されています。他社はこれまで「テザリング利用料」を500円/月に設定していたので、従来水準の2倍となります。

 回線に使用端末が紐付けられた上で低廉なデータ定額を利用できた時代とは異なり、今の流れは、使用する端末は自由に選べた上で純粋にデータ通信の「利用量」に応じて課金するというもの。「利用量」に対して課金をする体系にも関わらず、テザリングという端末の機能を使うことで毎月1000円追加課金されるということ自体が、そもそも時代の流れにそぐわないことから、「キャンペーン延長」ではなく、「テザリング利用料」そのものを廃止するのが筋だと思います。