ニンテンドースイッチでワイヤレスヘッドフォンを使う。MUSON Bluetoothトランスミッター&レシーバー

muson-mk1

 MUSON Bluetooth トランスミッター&レシーバーを提供していただいたのでレビューします。

muson-mk1-bt

muson-mk1

(イヤホンジャックとmicroUSB端子)

 本製品は、Bluetooth非対応の音声機器を、簡単にBluetooth対応化できます。例えば受信機能を使えば、お気に入りのスピーカーがBluetooth非対応であった場合でも、本機を繋げれば、スピーカーと機器の間を無線化。ワイヤレススピーカーへと変身させることができるわけです。3.5mmステレオミニプラグ端子さえあればOKです。

 さらに本機は、送信機能も搭載。Bluetooth非搭載の機器に繋げば無線で音を飛ばせます。

 そこで私が着目したのは「Nintendo Switch」に使うことです。SwitchはBluetooth自体は内蔵しているのですが、コントローラー「Joy-con」との接続に専任しているようで、オーディオに用いることができない仕様となっています。せっかくコントローラーはワイヤレスなのに、イヤホン・ヘッドフォンは有線でなければならないというのが不満でした。

 本製品の出番です。側面のスイッチをRX(受信)からTX(送信)に切り替えましょう。電源ボタンを長押しし、ペアリングを行います。Bluetooth対応のヘッドフォン・イヤホン側も同時にペアリングを開始しましょう。

muson-rx-tx

 そして本機を付属のケーブルでNintendo Switchに接続。ゲームをプレイしてみましょう。音声がワイヤレスイヤホン・ヘッドフォンに飛ぶはずです。

nintendo-switch-bluetooth

 Switchのイヤホン・ヘッドホンを無事、念願の無線化ができました。

 無線で飛ばすということで、ラグが気になるところですが、ソロでゲームをする程度なら特に困ることはなさそうな程度の遅延です。ガチでやる対戦ゲームだともしかしたら気になるかもしれない、という程度のもの。個人的にはあまり問題なさそう。

 また、本機は2台同時接続も可能なので、2つのワイヤレスイヤホン・ヘッドフォンに同時に音を飛ばすこともできるみたいですね。発想次第で色々応用が効きそうな製品です。