iPhone Xの有機ELの最大輝度、Galaxy S8に及ばず。

 

iphonex-body

 Appleは、同社初のベゼルレススマートフォン「iPhone X」を正式発表しました。

 ディスプレイは 2436×1125ピクセルの解像度を持つ5.8インチ有機ELパネルとなっています。

 このパネルはSamsung Displayが唯一の供給メーカーとなっている、というのが専らの噂でしたが、果たして本当なのでしょうか。

 Samsung製有機ELパネルを搭載したGalaxy S8/S8+の最大画面輝度は1000nits、そしてGalaxy Note 8の最大画面輝度に至っては1200nitsという非常に明るいものとなっています。

 これに対し、iPhone Xの最大画面輝度は625nitsに過ぎません。海外ウェブサイトSamMobileは、これは本当はSamsung製の有機ELではないのでは?と疑ってまでいます。

 625nitsという輝度は、iPhone 7やiPhone 8と同じ輝度であるため、Appleが意図的に制限を掛けている可能性もあります。有機EL特有の焼き付きを防ぐ意味でもあるのでしょうか?

 iPhone Xは10月27日予約開始、11月3日発売となっています。