ソニー、家庭用4K HDRプロジェクター2機種を発表。

 SONYは、4K HDR対応 ホームシアタープロジェクター2機種を発表しました。

 従来のレーザー搭載モデルより約40%小型化した高性能モデル「VPL-VW745」(ブラック、税別170万円)と、普及モデル「VPL-VW245」(ブラック/ホワイト、税別55万円)の2機種となっています。

sony

 いずれも独自の「ネイティブ4K SXRDパネル」搭載により、家庭で有効885万画素(4096×2160)の高精細な映像を楽しめるとしています。HDR対応により、広いダイナミックレンジの輝度情報を扱えることで、豊かな階調表現と肉眼で見ているかのような立体感の表現が可能。

y_vw745_hdr

 加えてデータベース型超解像処理LSIにより、コンテンツに合わせたきめ細やかな4K映像信号を生成。4Kでない映像信号も4K相当にアップコンバートします。

img_004

 レーザー光源システムZ-Phosphorの採用により、ランプ交換せず約20000時間の長期に渡って利用できるとしています。

img_006

 発売日は、「VPL-VW745」が12月9日、「VPL-VW245」が10月21日。