ソニー、肩にのせるスピーカー。「SRS-WS1」10月14日発売

SRS-WS1_Situation_OneColor_20170914_PIA0001016070

 SONYは、ウェアラブルネックスピーカー「SRS-WS1」を、10月14日に発売すると発表しました。

 本気の最大の特徴が「肩に載せて使う」という点。人間工学に基づいたデザインにより、首や肩にフィットします。

SRS-WS1_Main_OneColor_20170914_PIA0001016017

 肩に乗せることによって、スピーカーが首回りに配置されるため、小音量でも豊かな量感の音声が耳に届き、音に包まれるような視聴体験を楽しめるとしています。テレビなどと接続して利用可能。

SRS-WS1_Situation_OneColor_20170914_PIA0001016069

 小型ながら高音質の1W+1Wフルレンジスピーカーユニットを左右に搭載。分割振動を起こしにくく高音域の再生に優れる小口径振動板を採用。スピーカー開口部から放射状に音場が生成。さらに低音域に連動するパッシブラジエーターの振動により臨場感を味わえます。

SRS-WS1_Image_OneColor_20170914_PIA0001016018 連続使用時間は約7時間 。

 夜間などにテレビを楽しみたいが、周りの迷惑になるのは困る、といった場合にも良さそうですね。市場推定価格は税別 2万5000円前後となっています。