ZTE、ダブル5.2型液晶搭載で6.75インチになる折り畳み変態端末「AXON M」発表。ドコモ冬モデルとして国内発売決定

zte-axon-m

 ZTEは、米国にて新機種「AXON M」を正式発表しました。日本でも発売します。

MEDIAS W以来の変態二画面端末

axonm

 ZTE「AXON M」は、5.2型FHDディスプレイを2枚搭載したスマートフォン。物理的に折り畳みが可能。普段はスマートフォン、いざという時は大画面に変形します。6.75インチという巨大な画面サイズに相当します。

axon-m

 

 ちょうどNECカシオが2013年4月に発売した変態端末「MEDIAS W N-05E」を思い出しますね。当時はソフトウェアが発展途上で国内メーカーも酷い機種を連発していた時期でしたが、コンセプトには光るものがありました。AXON Mはどうでしょうか?

(MEDIAS W)

2画面の用法

 AXON Mの2画面の活用方法には以下のようなものがあります。

  • デュアルモード:マルチタスク。別々のアプリを実行。
  • 片手モード:折りたたんでいる時は片方の画面が消灯。持ちやすい5.2インチFHDスマートフォンとして動作。
  • 拡張モード:2画面を1つの大画面ディスプレイと見做し、FHD解像度の6.75インチディスプレイとして表示します。
  • ミラーモード:机上に山折りで並べて、2人が対面。全く同じ表示内容を見ることができます。

axonm

 ミラーモードでは、例えばチェスや将棋のアプリを表示しておけば、対面しながらスムーズに対局ができます。様々な用途が考えられそうですね。

スペック

 1世代前のSnapdragon 821を搭載。2000万画素のフロントカメラ級のインカメラを搭載。片手モードにすればリアカメラとして利用できます。

OS Android 7.1.2 Nougat
CPU Snapdragon 821 クアッドコア
メモリ 4 GB
ストレージ 64GB microSD拡張可
ディスプレイ 5.2型FHD(1920×1080)液晶×2
Corning Gorilla Glass 5
カメラ インカメラと兼用
インカメラ  2000万画素
F値1.8, PDAF, デュアルLEDフラッシュ
 バッテリー 3180mAh, QC3.0
寸法  150.8 x 71.6 x 12.1 mm, 230 g
その他  BT4.2, UCB C, USB2.0, Wi-Fi a/b/g/n/ac, VoLTE, 
3.5mmヘッドフォンジャック,指紋認証

投入市場

 AXON Mは米国、中国、欧州、日本にて投入されます。

 米国キャリアとしてはAT&Tからの投入が予告。

 日本キャリアとしてはNTT docomoからの投入が予告されています。(追記)M Z-01Kとして、NTT docomoからも販売されることが明らかとなりました。

zte-axon-m-zt-01k

価格

 AT&Tでは725ドル。

発売日

 発売日は11月以降。ドコモ版は2018年1月以降。