iPhone Xの有機ELはGalaxy Note 8よりも焼き付きにくいことが判明

 OLEDの抱えている問題は、長時間使用時の画面の焼付きです。特に同じ画面を表示させたまま、画面を点けっぱなしにすると、顕著にその症状が表れます。有機ELの原理上、根本的に仕方のない部分です。

 ただしハードウェアベンダーも、採用メーカーも、そうなりにくいように対策や配慮を施しているのも事実。韓国のサイトCetizenはこれをテストしました。

 比較対象はGalaxy S7 edge、iPhone X、Galaxy Note 8の3機種。iPhone Xは17時間ほどで焼き付きの兆候が見られました。Galaxy Note 8は62時間経過後から一気に焼き付いてしまいました。510時間経過後の結果が以下。

24209-31541-cetizen_burnin_123-l

 iPhone Xも焼き付いていますが、Note 8ほどではありません。Galaxy S7 edgeは2016年の機種ながら、あまり焼き付いておらず優秀な結果でした。

 有機EL搭載の端末では取扱に注意が必要ですが、以下の記事を読んで対策していれば、少しでも長い間きれいな画面で使えるはずです。