3Dプリンターでスマホを顕微鏡化。

41598_2018_21543_Fig2_HTML

 Scientific Reportsによると、Nanoscale BioPhotonicsの研究者は、スマートフォンを顕微鏡に変える、3Dプリント可能なクリップオン顕微鏡を開発しました。

 外部の電源や光源は不要で、スマートフォンのカメラとフラッシュを利用します。

41598_2018_21543_Fig1_HTML

 フラッシュの光でサンプルの後ろから照らし、1/200ミリメートルの小さなサンプル、たとえば微生物、動物細胞、植物細胞、血液細胞、細胞核といったものを観察することが可能。

41598_2018_21543_Fig2_HTML

 カメラとフラッシュさえあればいいので、ほぼすべてのスマートフォンで利用できるため、顕微鏡に乏しい発展途上国に大きな恩恵があります。水質調査や寄生虫の血液サンプル分析などへの利用が期待されます。

 この3Dプリンター用ファイルは既にWeb上で公開されており、研究者は広く利用することができます。