Lenovo Z5正式発表。これは酷い。

「新国民旗艦」と大々的に煽られていたLenovo Z5

 Lenovoグループ副総裁の常程氏は、新国民旗艦宣言と銘打ち、次期フラッグシップモデルLenovo Z5のティザーをWeiboにて公開しました。

 ベゼルもノッチもないことを想像させる、凄まじいイメージが連日公開。投稿には画面占有率95%を示唆する文言も。

lenovo-z5

6cbe1de5ly1frtsno42kwj20u01hc7jd

 ノッチを排除、画面下部まで画面専有する超ベゼルレスフォンが登場するとして、海外で大きく話題を呼びました。

notch
 こうした副総裁の多数の投稿にエキサイティングし、数テラバイトのストレージ容量や、45日間の連続待機時間などの噂も世界中に広まり、海外でのLenovo Z5への期待は最高潮に達していました。

正式発表。蓋を開ければ普通の中華ノッチフォン、いやそれ以下か

 Lenovoは北京でLenovo Z5を正式発表。蓋を開ければ、言うほどベゼルレスでもなく、ノッチもあり。普通の最近の中華フォンです。海外メディアも落胆、冷めた論調です。

lenovo-z5

 世界を大いに期待させたスケッチの部分は、コンセプト段階のものと言い張る余地はあったかもしれません。しかしレンダリングはどうでしょう。The Vergeはいかにも呆れたという様子で、「Lenovoの挑発がいかに実物と乖離しているか、自分の目で見てくれ」と、ユーザーの手で比較可能なコンテンツを掲載しています。

lenovoz5

 さらにAndroid Policeは、ツイート引用して、正式発表後のレンダリングすら嘘があるだろとツッコミを入れています。右が実物。

スペック

 当たり前ですが1TB以上のストレージなんてありませんし、電池は45日も持ちません。普通のスペックです。「旗艦」と銘打ったものの、Snapdragon 636なので、とびきり処理性能が高いというわけでもありません。

OS Android 8.0 Oreo ZUI 4.0
SoC Snapdragon 636
Kryo 260 1.8GHz オクタコア
Adreno 509
メモリ 6GB
ストレージ 64 / 128GB
ディスプレイ 6.2インチ 19:9 FHD+
カメラ 16MP + 16MP
インカメラ  8MP
 バッテリー 3300mAh
寸法   153×75.65×7.85mm, 約165g
その他   USB-C, 指紋認証センサー
Sponsored Links

価格・発売日

 64GBモデルは1299元(約2万2千円)、128GBモデルは1799元(約3万1千円)。中国市場で6月12日に発売します。

Lenovo Z5には失望した

 拍子抜けですね。ポップアップカメラギミックでベゼルレスを追究したコンセプトフォンを製品化するVivo Apex、数年は追いつけないとされたiPhone Xに3D顔認識で追いつき画面内指紋認証によって追い越したXiaomi Mi 8、ティザーも上手で本当に1TBストレージを積んでしまったSmartisan Nut R1など、先行する他の中国メーカーの努力を見ると、ため息が出ます。

 連日のティザーで変に煽らず、正しくアピールすれば正当評価されたでしょう。Snapdragon 636とはいえ、全体的に性能は良好ながら、2万2千円という圧倒的すぎる安さですから、「新国民旗艦」は言い過ぎとして、「新国民(普及)機」ぐらいにはなれたと思いますし、Lenovoの評価も上がったはずです。