アドビ、iPad向けに完全版フォトショップを開発中 すまほん!!

ipad_pro_glass_film_002

 Bloombergは、Adobeの画像編集ソフト「Photoshop(フォトショップ)」のフルバージョンが、iPad向けにリリースされると報じました。

 AdobeのCreative Cloud製品責任者はこの計画を認めており、できるだけ早く市場投入したいとしています。

 Bloombergの情報源によれば、このアプリは2018年10月にデモが実施され、2019年の市場投入を目指すとしています。

 Adobeは現在App Sotreにモバイル版Photoshopアプリを複数リリースしていますが、いずれも機能的にはデスクトップアプリの一部に留まる「機能制限版」に過ぎません。

 新しいアプリはデスクトップ版同等の機能を有するものと見られ、月額9.99ドルから始まるCreative Cloudサブスクリプションとして利用できるようになる見通し。

  Adobeアプリケーションはクロスプラットフォームで多くのコードを共通化し、デバイス間同期もより進化することが想定されます。

 Bloombergによれば、新しいアーキテクチャで他のAdobeアプリを展開する予定であり、開発中であるものの、Illustratorなどのアプリはまだまだ開発に時間がかかるようです。

 最新のiPadのA10チップはPCに迫る性能として宣伝されてきましたが、ソフトウェア資産などの点においてクリエイティブな用途ではまだまだデスクトップPCに利があります。もしiOSにフルバージョンのCreative Cloudアプリ群が登場すれば、名実ともにiPadはPCに肩を並べる存在となるかもしれません。今の所Surface ProなどのWindowsタブレットでもPhotoshopフルバージョンを利用できますが、これを脅かすことになりそうです。

 10月にはAdobe Maxカンファレンスがあることから、そこでのデモ版のお披露目に期待したいところです。