ソフトバンクがキャリアメールで不祥事。届く前に1030万通捨てる

softbank_logo

 SoftBankは、約1030万通のメールを誤って削除したと発表しました。

 2018年9月17日午前10時48分から9月18日午前9時16分までの間、メールフィルターが誤って正常なものを迷惑メールとして判定、1030万通のメールを削除、被害人数は約436万人とのこと。

 蓄積された迷惑メールのデータベースを基に機械的に判断していた迷惑メールフィルター。データベースへ反映するパターンファイルの自動生成時の不具合により、今回の事態が起きたとしています。

 「co.jp」ドメインを含むメールアドレスからのメールがユーザーに届く前に誤検知で削除されてしまったようです。

 今後は運用監視体制強化など再発防止策の徹底を図るとしています。

Sponsored Links

 総務省は今回の報告を精査し、電気通信事業法施行規則(昭和60年郵政省令第25号)第58条に規定する重大な事故に該当するものと認定。指導を行ったとしています。