au、Apple Musicを半年無料に。大してお得でもないが……

 KDDIは、au取扱店にて新規または機種変更と同時に、Apple Musicを申し込むことで、Apple Musicの料金を半年間無料にすると発表しました。キャンペーン開始は1月30日から。2018年12月1日から2019年1月29日に4Gスマホを新規・機種変更したユーザーもこちらから申し込めるとしています。

 Apple Musicは、Appleの提供する月額制音楽ストリーミングサービスで、月額基本料は、個人向け980円(いずれも税込み)・家族向け1480円・学生480円。楽曲数は約5000万曲。筆者もPC・Android・iPhoneで愛用していますが、レコメンドがそれなりに優秀なのか、好みの新しい音楽と出会えるのが魅力だと感じています。

 一見するとかなりお得なキャンペーンに思えますが、実はApple Musicは普段から通常3ヶ月の無料期間があるので、auなら6ヶ月というのは、無料期間が3ヶ月伸びたということ。金額に直してしまえば、個人向けであれば2940円しか得しないので、実際のところそれほど大きなお得感はありません。

Sponsored Links

 このほか、auショップやau Online Shopにて「Beatsで音楽をおトクに楽しもうキャンペーン」を開催、対象Beats商品が通常価格より20%~25%割引になるとしています。期間は2019年1月30日から3月31日まで。

 大してお得ではなく、別にこれをもってauを新規契約しよう・継続しようと思わせるほどの内容ではありません。しかし、かつてガラケー時代は、音楽のauと言われるほど音楽配信サービスに力を入れていた会社でもあり、それがAppleの音楽ストリーミングサービスやApple子会社のBeats製品を割引する、というのはauらしさを新しい形で復古する試みと言えるかもしれません。

(筆者はDAP・PDAで音楽を聴いていたので全く思い入れはないが、auガラケーユーザーには思い入れ深いであろうLISMO)

 昨今、分離プランが主流になりつつあり、通信料からの割引で端末代を安くする形式が無くなることで、顧客還元の新しい方法を模索しなければなりませんが、そのひとつとして捉えることもできそうです。また、「スマホのことはよくわからないが、iPhoneを使いたいのであれば、iPhoneのサービスが安くなるらしいauが良いかもな……」と情報感度の低い一般消費者に印象づける展開も想定されます。

 今後の携帯キャリアとメーカー・サービスの新しい付き合い方を占うものでもあるかもしれませんし、見方によっては興味深い動き、と言えるでしょうね。