「Huawei Mate X」の機能・発売日・価格・スペックまとめ。Galaxy Foldとの違いも

 Samsungの折りたたみスマホ「Galaxy Fold」も衝撃的でしたが、HuaweiがMWC2019で正式発表した新モデル「Huawei Mate X」も折りたたみで、さらにスゴイものになっています。

Sponsored Links

閉じるとファブレット、開くと8インチタブレット!

 Falcon Wingメカニカルヒンジ採用、1枚の画面を折り曲げて使用するスタイル。

 開くと8インチ(8:7.1、解像度2480 x 2200)でタブレット、閉じると6.6インチ(19.5:9、解像度2480 x 1148)ファブレットに。閉じている時、裏側は6.4インチ(25:9、解像度2480 x 892)。

 OSはAndroid 9 Pie。マルチタスキングが可能です。

筐体

 Mate Xの重量は295g。先日発表されたGalaxy Foldより6mm薄いと豪語。SamsungはGalaxy Foldの厚みを公表していませんでしたが、不思議なことになぜかHuaweiが知っているみたいですね。

 開くと5.4mm、閉じると11mm。というか、Xperia XZ2の厚みが12mmなので、これよりMate Xは薄いことになります。すごいぞMate X。

 特殊なヒンジを用いることで折り曲げた時に厚くならないようにしているわけですね。

スペック

 Kirin 980プロセッサ、実行8GBメモリ、512GBストレージを搭載。NMカードによる容量拡張に対応。生体認証は側面の電源ボタン内の指紋認証センサー。

 Huawei独自のBalong 5000 5Gモデムにより理論値最大4.6Gbpsの5G通信に対応。電池容量は4500mAh。55W急速充電が可能。カメラはLEICAでMate 20 Proのようなトリプルレンズで、構成は広角4000万画素+超広角1600万画素+望遠800万画素。

Sponsored Links

色展開

 カラーバリエーションはInterstellar Blueの1色。アクセサリーは保護ケースが付属。

価格

 価格は2299ユーロ(約29万円)。今年中頃に発売予定です。

Galaxy Foldとの違い

 Galaxy Foldは2画面を搭載、6つのカメラを3方向に搭載するのに対し、Mate Xは1画面のみ、3つのカメラを1方向に搭載。機構としてはMate Xの方がシンプルです。常に自撮りができるという点ではFoldに優位性があります。

 Galaxy Foldは閉じている時でも小型ディスプレイで操作できるとしていても、小型ディスプレイの周辺ベゼルがかなり太いのが難点。しかしMate Xは閉じた状態でもベゼルがほとんどなく未来感があります。

 Galaxy Foldは内外に2画面を搭載。内側の7.3インチのスクリーンを「内側に(谷折りで)」折り畳みます。Mate Xは8インチスクリーンを「外側に(山折りで)」折り畳みます。ここが最大の違いです。

 つまり閉じている状態で、画面の折り目が内側にくるGalaxy Foldと違い、Mate Xは外側に折り目が来るため、保護できません。落下時には怖いですね。だからこそ、Mate Xはこの弱点を補うための保護ケースが付属するわけですね。

 また両者、展示機や発表機を細かく見る限り、折り曲げ画面の中央部、折り目部分は、どうしても折ったあとがつく、歪む・たわむと言った事象は避けられていないように見えます。折り畳みスマホはこのあたりがどうしてもネックになりそうですね。