理論値最大9時間稼働に強化されたニンテンドースイッチの新型、8月下旬発売。 すまほん!!

 任天堂は、ゲーム機「Nintendo Switch」の新型モデルを2019年8月下旬より出荷すると発表しました。価格は2万9980円(税別)。

(新型は箱前面の背景が赤色一色)

 現行モデルが稼働時間約2.5~6.5時間だったのに対し、新型モデルでは約4.5~9.0時間。圧倒的にバッテリー関連が改善されています。

 画面は6.2型HD、重量398gなど、基本的な仕様は現行モデルとは変わらず。リフレッシュ・マイナーアップデートと考えて良さそうです。

 任天堂はつい先日、携帯モード専用のNintendo Switch Liteを発表したばかり。Switchを遊ぶ選択肢が増え、基本モデルの性能も向上、より選びやすくなりました。

 9月27日発売の「ドラゴンクエストXI S ロトエディション」の本体セットも新モデルになるとのことです。

こんな記事も読まれています

任天堂とテンセントが提携、スイッチ中国進出へ

ニンテンドースイッチ有機ELモデル登場。発売日は10月8日

ニンテンドースイッチライト新色「コーラル」が予約受付開始

新型ニンテンドースイッチが2020年半ばに発売、DigiTimes報道

ニンテンドースイッチ初のAndroid ROM

「ゼルダの伝説BotW」全編VR対応

Nintendo Swich Liteの予約受付が開始。発売日は9月20日