京セラ、シニア向け端末出荷台数1000万台突破! すまほん!!

 京セラ株式会社は、京セラ製シニア向け通信端末が出荷1000万台を突破したと発表しました。

 2005年6月の「au 簡単ケータイ W32K」以降、「かんたんケータイ」や「BASIO」などのシニア向けシリーズをリリースしてきた京セラですが、ついに累計出荷台数1000万台を超えたといいます。

(BASIO3、かんたんスマホ、KYF38)

 最近では背面カバーを開くだけでカメラが起動するBASIO3、操作で困ったときに原因を診断できる「押すだけサポート」に対応したY!mobile向け「かんたんスマホ」、専用スピーカー付きで卓上ホルダに置くだけで大きな音で着信を知らせるかんたんケータイKYF38といった個性的なシニア端末をリリースしています。

 京セラは最近ではタフネススマホの世界出荷台数が1000万台を突破したと発表していました。

docomoオンラインショップ auオンラインショップ SoftBankオンラインショップ
スマホで予約、自宅に届く。購入はオンラインショップで。(解説