iPad Pro、3Dカメラ搭載で2020年発売か? すまほん!!

 Appleの次期製品に関する情報を、独自の情報源から得ており、これまでにも多数のリーク的中実績を持つBloombergの記者Mark Gurman氏によると、2020年に発売される次期iPad Proはデュアルカメラになり3Dセンサーを搭載し、拡張現実(AR)を利用できるようになるかもしれないとのこと。

 情報によると、次期IPad Proではカメラ部分が中心として強化され、前モデルではシングルカメラを搭載していたiPad Proですが、次期iPad Proではデュアルカメラを搭載するといいます。さらには人や物などの立体物を計測し、三次元データを生成できる3D ToFセンサーを背面に搭載するということです。

Ben Geskin氏が作成した、2020年に発表されるであろうiPad Proのレンダリング画像。画像引用:Phone Arena

 海外メディアPhone Arenaが伝えるところによれば、デュアルカメラの仕様に関して詳細は大々的には明らかになっていないものの、iPhone 11に搭載されたデュアルカメラがiPad Proにも搭載されるのではないかと推測します。

 そうなると、デュアルカメラはどちらも1200万画素で、ひとつは標準カメラでもう一つは超広角カメラということになりナイトモードにも対応するでしょう。




Sponsored Links

 また、Bloombergが報じるところによると、Appleは2021年や2022年頃を目途とし、ゲーミングに焦点を当てたVRとARが組み合わさったヘッドセットもリリースする目標があるということです。Appleが拡張現実に力をいれているのは間違いなさそうです。

 現行のiPad Proは処理性能にも優れており、デザイン面でも一面のほとんどがディスプレイのベゼルレスディスプレイを実現しており、完成度が非常に高い端末という印象でした。

 これ以上進化するのは難しいだろうと思っていたのですが、どうやら拡張現実をはじめとし、カメラ部分が強化されていくことになるかもしれませんね。

 次期iPad Proは過去の発売時期から2020年の前半に正式発表されるとみられています。

docomoオンラインショップ auオンラインショップ SoftBankオンラインショップ
スマホで予約、自宅に届く。iPad購入はキャリア公式サイト