新型Fold「Galaxy Z Flip」(仮)の仕様が判明。SDM855+、12MPデュアルカメラを搭載か すまほん!!

 Samsungの折りたたみ新型スマートフォンと噂される「Galaxy Z Flip」(仮)。2019年発売の前モデル「Galaxy Fold」がディスプレイごと折り畳めるスマートフォンとして、大きな話題になり注目を集めましたが、早くも後継機の一部仕様が公開されています。

 著名リーカーMax weinbach氏の一連のツイートによると、SoCには最新の865ではなく、1世代前のSnapdragon 855+を搭載するとのこと。

 以前の情報ではSnapdragon 855とされていましたが、CPUクロックが向上したSDM855+を搭載するようです。

 ディスプレイは「Samsung Ultra Thin Glass」を採用、すなわち極薄ガラスを搭載したダイナミックAMOLEDと伝えています。ガラスの薄型化によって耐久性が改善されている模様。ちなみに中央部は折りたたみ時に折り目のしわが付くとのこと。

 さらにサブディスプレイには折りたたんだ状態で使用できる1.0インチの超小型ディスプレイを搭載し、バッテリー残量と充電速度、時刻や日付が表示され、リアカメラのビューファインダーとしての機能も持っていると説明しています。

Sponsored Link

 このほかにも、側面に指紋認証スキャナーを搭載リアカメラは12MPの2つのレンズを搭載し、前モデルFoldは6つのカメラに対して、大幅に削減しております。充電は15Wの高速充電、ワイヤレス充電は逆充電含め対応していると予想されています。

 トップの画像からもわかるとおり、Z FlipはFoldと違って縦に折り込む仕様に変わっている模様です。横の場合は片手だけの操作が難しいですが、縦は昔の折りたたみガラケーと同じように、片手操作で完結できれば非常に魅力的だと個人的には思います。

 Galaxy Z Flipは2月のSamsungのイベント発表会にGalaxy S20シリーズと同時に発表される予定です。