ChromiumベースのMicrosoft Edge 正式版がインストール可能に! すまほん!!

 Microsoftは、Chromiumベースになったブラウザ「Microsoft Edge」正式版の一般提供を開始しました。対応プラットフォームはWindowsとMac。久々にMac向けのMicrosoftのブラウザが登場するという意味でも大きな動きですね。

 独自エンジンである「Edge HTML」を採用した従来のEdgeの後継。新Edgeが採用するオープンソースプロジェクトChromiumのレンダリングエンジンはBlinkです。

 インストールすると、従来のEdgeのアイコンが置き換わります。ブックマークやパスワード、開いていたタブは引き継ぎされます。

Sponsored Links

 新Edgeでは、クラウド経由で他のPCやモバイル版のEdgeとの履歴、ブックマーク、パスワードの同期が可能。

 レンダリングエンジンに多様性が失われたと言える一方で、Webデザイナーにとっては検証工程が合理化できるメリットも。シェアが少ないブラウザなので、互換性の対策を後回しにされがちで、それがユーザー離れを加速させたとも言えるので、やむを得ない判断と言えそうです。

 個人的には、EdgeでTwitterなどを使う時、Google IMEとの相性が悪く捗らなかったのが、新Edgeでは問題なく入力できるようになったので喜んでいます。