5G普及の先鞭、高コスパ「Galaxy A51 5G」「A71 5G」発表 すまほん!!

 Samsungは先日、海外でGalaxy A51 5GとGalaxy A71 5Gの2つの5G対応端末を発表しました。今年のSamsungとして、Galaxy S20シリーズに続く5G対応スマートフォンです。

 どちらの機種も、4パターンに分かれた背面デザイン(デュアルフィニッシュデザイン)が特徴。光の当たり具合によって、大きく見た目が変化します。ベースカラーは、Prism Cube Black(共通)、Prism Cube WhiteとPrism Cube Pink(A51 5G)、Prism Cube SilverとPrism Cube Blue(A71 5G)の3色ずつ。フレームは金属製。

 Samasung初の5Gモデム搭載SoCであるExynos 980を搭載。AnTuTuスコアを参考にすると、Snapdragon 835と845の中間といった感じ。ミリ波には非対応となっています。

Sponsored Links

 アウトカメラはSamsungがGalaxy S20などでも採用した縦長長方形のカメラバンプになっていて、メインカメラはA51 5Gが4800万画素、A71 5Gが6400万画素となっており、その他は超広角カメラ、深度カメラ、接写カメラで共通しています。

 インカメラはパンチホール仕様で、Galaxy A51 5Gのほうが少し小さくなっています。ただし、2機種のインカメラにスペック上の違いはありません。

 また、画面内指紋認証にも対応。ディスプレイの解像度はFHD+となっています。

 価格はそれぞれ499.99ドル(約5万3500円)、599.99ドル(約6万4500円)。5G対応スマートフォンの中では安価な部類になるのではないでしょうか。コストパフォーマンスの高い端末となっています。米国では今夏に提供されるとのこと。

 5G端末の普及機としてお手頃な価格帯ですから、最近Aシリーズに力を入れている日本でも発売してもいいと思います。でもエリアが広くないから、そこまで無理して5G端末を出さなくてもいいのかな、とも思ったりしますが……。

Sponsored Links

スペックシート

端末 Galaxy A51 5G Galaxy A71 5G
OS Android 10 One UI 2.1 Android 10 One UI 2.1
SoC Exynos 980 Exynos 980
メモリ 6GB / 8GB 6GB / 8GB
容量 128GB (microSD 1TB) 128GB (microSD 1TB)
画面 6.5型 FHD+ Super AMOLED
Infinity-O Display 20:9 (1080×2400)
6.7型 FHD+ Super AMOLED  Plus
Infinity-O Display 20:9 (1080×2400)
リア
カメラ
48MP F2.0 メインカメラ
12MP F2.2 超広角(120°)カメラ
5MPF2.2 深度カメラ
5MP F2.4 接写カメラ
64MP F1.8 メインカメラ
12MP F2.2 超広角(120°)カメラ
5MP F2.2 深度カメラ
5MP F2.4 接写カメラ

フロント
カメラ
3200万画素 F2.2 セルフィーカメラ 3200万画素 F2.2 セルフィーカメラ
電池 4500mAh
15W Adaptive Fast Charging
4500mAh
25W Super Fast Charging
寸法 158.9×73.6×8.7mm, 187g 162.5×75.5×8.1mm, 185g
カラー Prism Cube Black
Prism Cube White
Prism Cube Pink
Prism Cube Black
Prism Cube Silver
Prism Cube Blue
生体認証 画面内指紋認証 画面内指紋認証