144Hz対応ミッドレンジゲーミングスマホ「Nubia Play 5G」が発表! すまほん!!

 Red Magicブランドのゲーミングスマホも手掛けている中国メーカーNubiaは、ミッドレンジ帯のゲーミングスマホ「Nubia Play 5G」を正式発表しました。

 Nubia Play 5Gの搭載SoCはゲーミング性能が強化された、Snapdragon 765Gで5Gにも対応しています。ディスプレイは6.65インチ有機EL。リフレッシュレートは非常に高く144Hzとなっています。

 背面カメラはトリプル+深度センサー。トリプルカメラの仕様は、4800万画素のメイン+800万画素の超広角+200万画素のマクロとなっています。側面には感圧ボタンを備えておりゲームプレイもしやすそう。

 バッテリーは5100mAhと大容量で、30Wの急速充電にも対応しています。ミッドレンジスマホで30W程度の急速充電に対応しているものは多くはないため、バッテリー性能にも期待できそうです。

 その他スペックは以下の通り。重量は210gと重め。

Sponsored Link
OS Android 10, Nubia UI‌ 8.0
CPU Snapdragon 765G 
メモリ 6/8GB LPDDR4X
容量 128/256GB ‌ UFS‌ 2.1
画面 6.65型(1080 x 2340)
カメラ 4800万画素+800万画素+200万画素+200万画(深度)
インカメラ 1200万画素
電池 5100mAh 
寸法 171.7 x 78.5 x 9.1 mm  ,210 g
その他 30W急速充電
放熱機構 ICE 2.5

 本体カラーはブラック、ホワイト、ブルーの三色。発売日は4月24日。価格は以下の通り。

  • Nubia Play 5G(メモリ6GB、ストレージ128GBモデル):2400元(日本円で約3万6400円)
  • Nubia Play 5G(メモリ8GB、ストレージ128Bモデル):2700元(日本円で約4万500円) 

 ディスプレイや、バッテリー性能が非常に高いスマートフォンですが、ミッドレンジチップを搭載することで、価格は抑えられています。

中華ガジェット個人輸入の定番サイト
ETOREN(解説) Banggood(解説) GearBest(解説)
Geekbuying TOMTOP