ジンバル機構搭載スマホ登場、「Vivo X50 Pro/+」発表 すまほん!!

  中国メーカーVivoは6月1日、最新フラグシップスマホVivo X50 Pro/Vivo X50 Pro+を正式発表しました。

 Vivo X50 Proの背面カメラはクアッド。メインカメラは、センサーがF値1.6で低照度にも強い4800万画素 Sony IMX598で、さらにジンバル式安定化機構を搭載。カメラが回転することで通常よりも強力な手ブレ補正が期待でき、動画撮影時に安定した撮影ができます。

 その他の三つのカメラは、800万画素のペリスコープカメラ、1300万画素のポートレートカメラ、800万画素の超広角カメラとなっています。ペリスコープカメラでは光学5倍、最大60倍ズームが可能。インカメラは3200万画素。

X50 Proでの作例、商品HPより。

 ディスプレイは、6.56インチ、有機EL。90Hz駆動に対応。

Sponsored Links

 Vivo X50 Proの搭載SoCは、Snapdragon 765Gで、5G通信にも対応しています。その他スペックは以下の通り。

OS Android 10, Funtouch 10.5
CPU Snapdragon 765G
メモリ 8GB
容量 128/256GB,UFS 2.1
画面 6.56型 (1080 x 2376)
カメラ 4800万画素、ジンバル式OIS +800万画素(ペリスコープ)+1300万画素(ポートレート)+800万画素(超広角)
インカメラ 3200万画素
電池 4315mAh
寸法 158.5 x 72.8 x 8 mm,181.5g
その他 33W急速充電

 Vivo X50 Proの発売日は6月2日。価格は以下の通り。

Sponsored Links
  • Vivo X50 Pro(メモリ6GB、ストレージ128GBモデル):3498元(日本円で約5万2900円)
  • Vivo X50 Pro(メモリ8GB、ストレージ256GBモデル):3898元(日本円で約5万9000円)

 同日、最上位モデルのVivo X50 Pro+も発表されています。Vivo X50 Pro+に関しては商品ページが公開されていませんが、スペックに関しては明らかになっています。

 5000万画素、1/1.3型のSamsung製最新イメージセンサー「ISOCELL GN1」を初めて搭載し、SoCはSnapdragon 865となっています。

中華ガジェット個人輸入の定番サイト
ETOREN(解説) Banggood(解説) GearBest(解説)
Geekbuying TOMTOP