Motorola One Fusion正式発表。スナドラ710、水滴ノッチ、5000mAh電池で約2万7千円 すまほん!!

 Motorolaは先月、ミッドレンジスマホとしてOne Fusion+を発表しましたが、新たにミッドレンジスマホとしてOne Fusionをグローバルで発表しました。

 One Fusion+はポップアップカメラを搭載した特徴のあるスマホでしたが、新たに発表されたOne Fusionは相反するように水滴型ノッチを採用しています。

 インカメラは800万画素の単眼で、見た目は標準的なミッドレンジスマホといった感じです。

 また、One Fusionでは少し古いSoC、Snapdragon 710を搭載しており、できるだけコストを抑えようとしているのが感じられます。Snapdragon 710は、国内では4万円弱のミッドレンジスマホ「OPPO Reno A」が搭載していたSoCでもあります。

Sponsored Link

 背面には「M」ロゴ入りの指紋認証センサーのほか、4つのカメラを搭載。構成は4800万画素のメインカメラの他に、800万画素の広角カメラ、500万画素のマクロカメラ、200万画素の深度センサー。

 広角カメラは118°、マクロカメラでは最大2cmまで被写体を近づけて撮影することでき、多くの撮影シーンで活躍できるでしょう。

 バッテリー容量は5000mAhを搭載しており、SoCも低消費電力のものが使われているので、長時間充電しなくても使用できそうです。ただし高速充電には対応していないため、ここまで大容量のバッテリーとなると、充電には時間がかかりそうです。端子はUSB Type-C。

 その他スペックは以下の通りです。

Sponsored Link
OS Android 10
CPU Snapdragon 710
実行メモリ 4GB
内部ストレージ 64GB
画面 6.5型
カメラ 4800万画素+800万画素+500万画素+200万画素
インカメラ 800万画素
電池 5000mAh

 価格は250ドル(日本円約2万7000円)とかなり低価格での販売となっています。

海外スマホ個人輸入の定番
etoren
ETOREN イートレン
使い方