噂:iPhone 12の5.4インチモデルは「mini」と命名か。各モデルのサイズや名称がリーク すまほん!!

 もうすぐ発売予定のiPhone 12について、各モデルの名称がリークされました。9to5Macによれば、有没有搞措氏(@L0vetodream)が、iPhone 12の各モデルの名称をツイートしたそうです。そのツイートが以下の通り。

 同氏によれば、iPhone 12の小さなモデルは12 miniと命名される可能性があるそうです。

 有没有搞措氏(@L0vetodream)は、WWDC2020のイベント日やmacOSのBig Surの名称を正確に予測してきた実績があります。一方で、外しているリークもあるので注意は必要です。

 さらに、MacRumorsによれば、DuanRui氏がiPhone 12のシリコンケースのステッカーとみられる写真を投稿したとのことです。同氏はiPad Air 4のTouch IDつき電源ボタンについて、予想を的中させているリーカーでもあります。下記のステッカーをみると、アイルランドにあるAppleの国際流通センターの名称や、2020年9月と年月が印刷されていることがわかります。

 また、写真をよく見ると型番や製品名が書かれているのがわかりますね。5.4インチのモデルは「iPhone 12 mini」と印字されています。このリークからも、やはり一番小さなモデルはiPhone 12 miniと名付けられる可能性が高いでしょう。

 iPhone 12は全部で4つのモデルが出ることが既に予想されており、これまでのリークでは5.4インチのモデルはiPhone 12とされていました。しかし、今回のリークをまとめると下記のようになります。

Sponsored Link
  • iPhone 12 mini:5.4インチ
  • iPhone 12/iPhone 12 Pro:6.1インチ
  • iPhone 12 Pro Max:6.7インチ

 なお、iPhone 12の発表イベントは、10月13日とする説が複数出ています。AppleInsiderへのたれ込み情報・John Prosser氏のツイートともに、イベントが13日で予約開始が16日の予想です。

 リークの情報が正しければ、iPhone 12の発表イベントまであと3週間ほど。ラインナップも含めて情報は的中するのでしょうか。楽しみに待ちましょう。