「Mi 10T Pro」は144Hz液晶に1億画素のカメラを搭載か!? 有名リーカー言及 すまほん!!

 中国メーカーXiaomiは、今年発表されたMi 10シリーズの改良モデルMi 10Tシリーズを近々正式発表するとみられています。そのMi 10Tシリーズの中でも、最上位モデルとなるMi 10T Proに関して、いくつか気になるリーク情報が公開されました。

 これまで確度の高いリーク情報を共有してきた、Ice Universe氏は以下のツイートをしました。

 ツイートによると、Mi 10T Proはなんと144Hz駆動に対応する液晶ディスプレイを搭載するとのこと。「adaptive refresh rate」という記述があることからコンテンツによってリフレッシュレートを切り替えられる仕様とみられます。

 また、バッテリー容量は5000mAhとなるようです。高駆動ディスプレイはバッテリー消費が多くなると言われているので、大容量バッテリーの搭載となると嬉しいですね。ちなみに、Mi 10 Proは90Hz駆動で、バッテリー容量は4500mAhでしたので着実に性能が上がっているようです。

 加えて、Mi 10T Proとみられるスマホの実機画像も流出しています。画像は海外メディアXDA-Developersが公開したもの。

Sponsored Link

 この画像から、Mi 10T Proはクアッドカメラを搭載しているものとみられます。また画像は不鮮明ですが、メインカメラは108MP(1億800万画素)となる模様。

画像はMi 10 Ultra

 その他、Ice universe氏によるとMi 10T ProのSoCはSnapdraon 865。本体価格は€699、日本円で約8万6500円になるということです。Xiaomi十周年記念モデルとして登場したMi 10 Ultraでも、ディスプレイは120Hz駆動となっており、こちらが真の最上位モデルになるのでしょうか。正式発表が楽しみですね。

中華ガジェット個人輸入の定番サイト
ETOREN(解説) Banggood(解説) GearBest(解説)
Geekbuying TOMTOP