Mi 10Tの中国限定版「Redmi K30S Ultra」が中国国内で発表。144Hz液晶搭載 すまほん!!

 中国Xiaomiは先月Mi 10Tシリーズを発売しましたが、XiaomiのサブブランドRedmiは、中国向けに名前を変更した「Redmi K30S Ultra」を発表しました。ベースはMi 10Tで、実行メモリ以外の基本的なスペックはMi 10Tと変わっていません。

 Redmi K30S Ultraは、リフレッシュレートが144Hzの6.67インチ液晶ディスプレイを搭載しているのが特徴。高リフレッシュレートは最近のスマートフォンとしては標準になりつつある機能で、Redmi K30S Ultraでもしっかり対応しています。

 カメラは3眼で、ベースとなっているMi 10Tと変わらず、メインカメラが6400万画素、超広角カメラが1300万画素、マイクロカメラが500万画素。望遠カメラは非搭載。8Kの動画撮影に対応しています。インカメラはディスプレイ左上のパンチホール型で、2000万画素となっています。

 搭載SoCはSnapdragon 865。実行メモリは8GBで、内蔵ストレージは128GB/256GBの2種類から選択できます。スペックは以下の通りです。

Sponsored Link
OS Android 10, MIUI 12
SoC Qualcomm Snapdragon 865
実行メモリ 8GB
内蔵ストレージ 128GB/256GB
画面 6.67インチ FHD+
カメラ 6400万画素メイン + 1300万画素超広角 + 500万画素マクロ
インカメラ 2000万画素
電池 5000mAh
その他 Bluetooth 5.1, NFC, 8K動画撮影, 33W有線急速充電, 側面指紋認証センサー

 本体価格は以下の通りです。

  • Redmi K30S Ultra(メモリ8GB、ストレージ128GBモデル):2599中国元(日本円で約4万円)
  • Redmi K30S Ultra(メモリ8GB、ストレージ256GBモデル):2799中国元(日本円で約4万3000円)

 RedmiはXiaomiのサブブランドとということもあり、ベースとなっている最小構成のMi 10Tの€499(日本円で約6万円)と比べてもかなり値下げがされています。4万円台でSnapdragon 865、144Hzのリフレッシュレートに対応しているのはとてもコストパフォーマンスがよいスマートフォンですね。ただしMi 10Tシリーズでは5Gに対応していましたが、Redmi K30S Ultraでは非対応。