中国電信、一万円台の5Gスマホ「天翼一号」正式発表! すまほん!!

 ついに5Gスマホが一万円台後半で展開されるようになりました。中国の国営携帯キャリア中国電信は、5G対応エントリースマホ「天翼一号」を正式発表しました。本体価格は999元、日本円で約1万5800円。

 搭載SoCはUnisoc製T7510。T7510のAnTuTuスコア10万点後半。Unisoc(旧Spreadtrum)は中国、清華紫光集団傘下の半導体ファブレス企業です。

 端末背面中央には、物理指紋認証を搭載。アウトカメラはデュアル+深度センサー。デュアルカメラの仕様は1300万画素メインカメラと200万画素のマクロカメラ。エントリースマホということで、カメラにはあまり期待できないですね。

 ディスプレイは6.51インチ(1600×720)のHD+。画面下部には大きめのベゼルが確認できます。その他、スペックは以下の通り。

OS Android 9
CPU Unisoc T7510
メモリ 6GB
容量 64GB
画面 6.51型 (1600×720)
カメラ 1300万画素+200万画素+深度センサー
インカメラ 800万画素
電池 5100mAh
寸法 165.5 x 77.9 x 9.95,mm
その他 タイプCポート搭載、急速充電最大18W

 日本のキャリアで発売されている5Gスマホは、ハイエンド機が中心。一部ミッドレンジ帯の5Gスマホもありますが、安価なエントリー・ミッドレンジ帯の5Gスマホがキャリアで展開されるようになれば、5Gの普及は進んでいきそうですね。

 半導体国産化を推進する国策で後押しされている半導体企業UnisocのSoCということで、今後も搭載機種の拡大が期待されます。

中華ガジェット個人輸入の定番サイト
ETOREN(解説) Banggood(解説) GearBest(解説)
Geekbuying TOMTOP