OPPO K7x発表!スナドラではなくDimensity 720搭載の超コスパスマホ すまほん!!

 中国OPPOは、5G対応スマホOPPO K7xを正式発表しました。SoCに Dimensity 720を搭載するミッドレンジスマホですが、本体価格はエントリースマホ並みに安い、1499元、日本円で約2万3600円となっています。これは安い!

 背面カメラは4800万画素の標準、800万画素の超広角、200万画素のマクロ+深度センサー。動画撮影に関してはEIS(電子手振れ補正)を搭載し、安定した動画を撮影できるとのこと。

 インカメラは1600万画素。この価格帯のスマホとしてはインカメラも高画素です。

商品ページより 左:ナイトモード作例 右:16MPインカメラでの自撮り

 液晶ディスプレイはパンチホール式。画面には少し大きいベゼルが確認できます。画面サイズは6.5インチのフルHD+。リフレッシュレートは90Hz。タッチサンプリングレートは180Hz。最高輝度は600nits。

 画面内指紋には非対応ですが、端末右側面には物理指紋認証を搭載しています。バッテリーは5000mAhで、急速充電は独自規格「VOOC」充電で最大30W。

 搭載SoCのDimensity 720は7nmプロセス。AnTuTuスコアは29万点程。かなり実用的な処理性能を備えます。このスペックで2万円台前半、コストパフォーマンスは間違いなく高いです。ディスプレイを有機ELではなく、液晶にすることで価格を抑えているのでしょうか。いつものことながら、中華スマホのコスパの良さには驚かされます。数年前のミッドレンジスマホといえば、QualcommのSoCを搭載していましたが、近年はMediaTek製のDimensityを搭載するスマホが多くなりましたね。

 本体カラーはブルー・ブラックの二色。その他スペックは以下の通り。

OS Android 10, ColorOS 7.2
CPU Dimensity 720 5G
メモリ 6GB
容量 128GB
画面 6.55 型 (1080 x 2400)
カメラ 4800万画素+800万画素+200万画素+深度センサー
インカメラ 3200万画素
電池 5000mAh
寸法 162.2 x 75.1 x 9.1 mm,194
その他 30W急速充電、指紋認証