噂:待望の「Xperia Compact」復活?レンダリング画像リーク、水滴ノッチ・イヤホンジャックあり すまほん!!

 有名リーカーOnLeaksことSteve Hemmerstoffer氏は、MWC2018で発表されたXperia XZ2 Compact以来のコンパクトXperiaが復活すると伝えました。機体名称は不明。

 イヤホンジャックや側面指紋認証センサー、デュアルカメラを確認できます。メインカメラは13MPとのこと。ディスプレイ上部は水滴ノッチあり、フロントカメラは8MP。ごく一部のローエンドモデルを除きノッチ非搭載を貫くXperiaとしては、珍しいですね。

 画面サイズは5.5インチとのこと。縦長で5.5インチであるとすれば、幅は小さく片手操作しやすそうな予感。

 しかし寸法は高さ140mm、幅68.9mm、厚さ8.9mmとのこと。Xperia Compactシリーズが65mm、iPhone 12 miniが64.2mmであることを考えれば、言うほどコンパクトでもないような。Xperia 10 IIよりもわずかに幅狭な程度です。画面サイズか寸法のどちらかが間違っているのでしょうか。

 おそらくレンダリングを寸法情報を得て作った上で、画面のインチ数を後から計算しているのだろうと推定すれば、幅68.9mmという数値が正しい可能性も。となると、過度な期待は禁物かもしれません。

 側面のキーはカメラボタンであると伝えられています。しかしXperiaの物理カメラシャッターキーはミッドレンジには搭載されない傾向。となると、やはりCompactなのか、もしくはXperia 5 IIのような任意のアプリを呼び出せる物理キーを搭載したミッドレンジ以下のモデルの可能性もありそうです。

 Steve Hemmerstoffer氏は、本機がiPhone 12 miniのライバルになり得ると興奮を見せつつも、iPhone 12 miniは大して売れていないだろうことから、Sonyがコンパクトを出しても売れないのではないか、読者諸氏はまだ片手操作できるコンパクトスマホに興味はあるか?と疑問を投げかけて記事を締めました。