ソフトバンク、新生活様式に則した顧客相談を拡充。 すまほん!!

 ソフトバンク株式会社は、「ウィズコロナ時代」に対応するため、COVID-19感染リスクを軽減しながら顧客サポートを受けられるようにする施策を発表しました。

 「My SoftBankアプリ」を2021年3月以降順次アップデート、通いやすいショップを「マイソフトバンクショップ」として登録しておき、アプリから簡単に来店予約を取ることが可能に。

 ソフトバンクが独自に資格認定するスマホのスペシャリストを全国2000人まで順次拡大、「スマホ教室」を全国のソフトバンクショップで開催。

 なお、Zoomミーティングを活用した遠隔「オンラインスマホ教室」も2020年7月13日から提供中。カリキュラムに沿った体験型講座やキャッシュレス決済サービス「PayPay」の利用指南など。

 2020年10月から100店以上のソフトバンクショップで導入している、機種変更の登録手続きの一部を顧客自身でできる専用端末を、2020年度中に1000店まで拡大予定。料金プランや料金の見積もりは従来通りショップスタッフが実施、その後の申込内容確認や重要事項説明の動画視聴は顧客自身で実施することで、対面接触機会を削減できるといいます。

 また、ソフトバンクとワイモバイルのユーザー向けに、初期設定や一部のサービスの設定作業を2021年4月以降にメニュー化、「スマホ設定サポート」として提供するとのこと。(一部のショップでは受付せず)

SoftBankの最新端末をチェック。
SoftBankオンラインショップ