Unisocチップ搭載スマホ天翼1号 2021 5G正式発表! すまほん!!

 中国の国営携帯キャリア中国電信(China Telecom)は、5G対応エントリースマホ「天翼1号 2021」を正式発表しました。

 天翼1号 2021の搭載SoCはUnisoc製T7510。昨年末に発表された「天翼1号」と同じSoCを搭載していますが、天翼1号 2021はカメラスペックを中心に強化されています。

 天翼1号 2021の背面カメラは4800万画素のメインと800万画素超広角のデュアルカメラ+深度センサー。インカメラは800万画素。

120°超広角カメラ作例:商品ページより

 ディスプレイは6.35インチの液晶(FHD+)。画面下部には若干ベゼルがあるようですね。

 また、バッテリー容量は5000mAhと大容量ながら、本体の厚みが7.9mmと比較的薄い点も売りのようです。

 価格は以下の通り。

  • 天翼1号 2021(メモリ4GB、ストレージ64GBモデル):1199元(日本円で約1万9500円)
  • 天翼1号 2021(メモリ6GB、ストレージ128GBモデル):1499元(日本円で約2万4000円)

 スペックを見る限りだと、カメラもバッテリー性能もある程度実用的なものに感じますね。その他スペックは以下の通り。

OS Android 9(バージョン不明)
CPU Unisoc T7510
メモリ 4/6GB
容量 64/128GB
画面 6.35型 (2340×1080)
カメラ 4800万画素+800万画素+深度センサー
インカメラ 800万画素
電池 5000mAh
寸法 161.75 x 76.7 x 7.9 mm,180g
その他 タイプCポート搭載
  • 情報元JD