巨大「1インチ」カメラセンサー搭載か?「HUAWEI P50」外観、有名リーカーが再現画像公開 すまほん!!

 OnLeaksことSteve Hemmerstoffer氏は、Huaweiの次期スマートフォン「P50」のリーク情報に基づくレンダリング画像を作成、公開しました。同氏は独自の情報収集からレンダリング画像の作成まで高い定評があり、数々の的中実績を誇ります。

 筐体素材はガラス背面、金属側面。筐体寸法は高さ156.7mm、幅74mm、厚さ8.3mm、最も厚いカメラ突起部は10.6mm。重厚なカメラ部の印象が強いですね。あくまで最新の噂として、Huawei P50シリーズに1インチカメラセンサー「Sony IMX800」を搭載する可能性があると紹介しました。

 指紋認証センサーは画面内、スピーカーはディスプレイ上下のステレオ。画面はP50 Proより少しベゼルの太い6.3型フラットディスプレイ。P50 Pro同様フロントカメラはGalaxyのように中央配置、小型化しており、P40シリーズよりも大幅に改善されています。

 強烈なインパクトを与える巨大カメラ部分。仮に噂通り1型センサーを搭載するとなれば、現代の高級コンデジとセンサーサイズ自体は同等であるため、歴史に残る機種となるでしょう。

 ただしスマホ向けで大型化する一部カメラセンサーは同時に画素数も詰め込んでおり、コンデジの1型センサーよりも画素ピッチは小さくなります。もし未発表の「Sony IMX800」がその流れにあるのだとすれば、隣接画素を1画素扱いする技術やソフトウェア処理によって壁をどこまで突き破れるのか、期待したいところです。