ソフトバンク代理店元社長、顧客情報を「ドコモ口座」事件犯人に流出 すまほん!!

 ソフトバンクやMVNOの顧客情報を持ち出したとして、警察がソフトバンク2次代理店社長の稲葉修作容疑者を逮捕したと、毎日新聞が報じました。

 それによると、顧客が携帯電話を契約する際にタブレット端末に入力する個人情報を印刷するなどして保存、別業務のウォーターサーバー販売の営業活動などに使用していたと見られます。

 また、ドコモ口座やPayPayへの不正入金で逮捕された菅拓朗被告のPCを調べたところ、稲葉容疑者の持ち出した約9500人分の個人情報が発見。そのうち約6400人がソフトバンクの顧客で、残りはMVNO。菅被告は60人から約2300万円を不正出金。稲葉容疑者は「(顧客情報を)知人の菅被告が勝手に持っていった」と供述しているとのこと。

 携帯キャリアは電気通信サービスの提供等にあたり、必要な範囲で個人情報を使用。第三者提供を行う場合は個人情報保護法、電気通信事業法、その他法令に従って取り扱います。今回の報道通りにある2次代理店の行いは、事実であるとすれば到底許されるものではありません。

 本件を受けて、ソフトバンクは声明を発表。まず社内調査の結果、ソフトバンクの顧客データベースからの顧客情報流出はないとのこと。

 捜査当局からの情報を精査したところによれば、あくまで容疑者はソフトバンクのルールに反し「お客さま控え」を写真撮影、コピーすることで情報を取得。2015年から2018年の期間、容疑者が関わった訪問販売代理店等でSoftBank、Y!mobile、SoftBank光、SoftBank Airを契約したユーザーの一部が対象。6347件の氏名、住所、生年月日、電話番号、IMEI、料金支払い用の金融機関名と口座番号を保存していたとのこと。再発防止策として、販売代理店における業務の定期的な監査、個人情報に関わる事故・不正行為への厳罰化、個人情報取り扱いに関する教育の再徹底といった措置を講じるとしています。

2. 不正取得された情報
以下は、捜査当局からの情報を当社で精査して判明した内容です。
・件数:6,347 件
・内容:氏名、住所、生年月日、連絡先電話番号、携帯電話番号、携帯電話機の製造番号(IMEI)、交換機暗証番号※、料金支払い用の金融機関名および口座番号
・対象:2015 年から 2018 年の期間、当該人物が関わった訪問販売代理店などで、”ソフトバンク””ワイモバイル”の携帯電話サービス、SoftBank 光、SoftBank Air の契約手続きを行ったお客さまの一部
※ 交換機暗証番号とは、一般電話から留守番・転送電話の再生・消去などを行う場合や、一部の設定変更の際に入力する 4 桁の番号です。設定変更後、SMS で契約者ご本人の携帯電話に通知が届くため、万が一第三者による変更が行われても検知が可能です。また、携帯端末の暗証番号とは異なります。
捜査当局からは、上記のうち一部のお客さまにおいて、金融口座からの不正引き出し被害に遭われた事案が 62 件発生し、金融機関による補填が行われたと伺っています。なお、当社は金融機関の口座暗証番号は取得しておらず、今回、当該人物による不正取得も確認されていないと捜査当局から伺っています。改めて、多大なご不安とご迷惑をおかけしたことを深くお詫び申し上げます。

3. 対象となるお客さまへの対応
情報不正取得の対象となったお客さまについては、書面で個別にご連絡を行ってまいります。なお、交換機暗証番号についてはすでにリセットを完了しています。