シャオミ、「液体レンズ」搭載の折り畳みスマホ「Mi MIX FOLD」正式発表ッ!!!! すまほん!!

 Xiaomiは、折り畳みスマホ「Mi MIX FOLD」を正式発表しました。

 パンチホールのない大型8.01インチディスプレイを搭載。

 iPad miniより大きな表示領域の画面ながらも、狭額縁により小型な筐体。

 映画を見る際には、競合他機種よりもより効率的に画面を表示できるといいます。

 スマホ初のharman kardonクアッドスピーカーを搭載。

 マルチウィンドウや、両アプリ間のデータ受け渡しにも対応。

 Samsung DexのようなデスクトップUIへの切り替えが可能。(デスクトップモード単体使用、Galaxy Tabでは対応するもののZ Fold2では現時点では非対応なので、ここはMi MIX FOLDが優位ですね)

 ヒンジは20万回開閉に耐えます。

 SoCはSnapdragon 888 5G。放熱機構も備えます。電池容量は5000mAh、急速充電67W。競合他機種を圧倒。

 カメラの画像処理チップとしてXiaomi開発のSurge C1チップを搭載、オートフォーカス、オート露出、オートホワイトバランスを処理します。

 カメラに世界初の液体レンズ技術を採用。液体で満たされ精密モーターにより人間の眼のようにレンズ形状を変化。光学3倍から30倍に調節します。

 価格は9999人民元(17万円ほど)。これだけ新技術と高性能でありながら、競合他機種と比べても低価格。

 筆者もGalaxy Z Fold2を愛用していますが、パンチホールや充電速度に不満を持っています。Mi MIX FOLDはこれらの不満を解消しつつも、リキッドレンズカメラを搭載するなど非常にソソる仕様だと感じます。

こんな記事も読まれています

Galaxy Fold 2、2020年4月に発売か?

噂:Huawei P50はカメラに「液体レンズ」採用か

噂:シャオミ、Poco打ち切りか?

Motorola Razr 2019実機の外観が判明。

フォースと共にあらんことを!Galaxy Note10+スターウォーズコラボモデルが爆誕