弊誌はアフィリエイト広告を利用しています。

ワイモバ、eSIM導入!背景に政府意向も?

 ソフトバンク株式会社は、自社サブブランド「ワイモバイル(Y!mobile)」のスマホ向け料金プランで、SIM単体契約顧客向けに「eSIM」を提供すると発表しました。3月17日に開始します。

 eSIMは”embedded Subscriber Identity Module”の略称、つまり組み込み式SIM。本来物理SIMカードに記録していた電話番号、加入者識別情報を遠隔で書き込み可能としたことで、より簡便な契約と利用の開始が可能に。

 ワイモバイルのオンラインストアにて、「シンプルS/M/L」加入時、物理SIMだけでなくeSIMも選択可能に。eSIMで新規契約する際に最短1時間ほどで通信サービスを利用できるとしています。

 なお旧プラン加入済みの顧客はプラン変更無しで物理SIMからeSIMに切り替えることが可能とのこと。

 国内では遅々として進まないeSIM普及。日本政府はアクションプランにeSIM促進を盛り込み、MVNOへのRSP機能開放をMNOに要請、電波割当の評価基準にeSIM採用有無の項目を作るなど、様々な対策を講じています。こうした政府意向もSoftBankは汲んだ上で、先んじてサブブランドでeSIM導入に踏み切った形とも言えそうです。

 便利な選択肢が増えるのは喜ばしいところ。メインブランドや他社、20GBプランでどのようにeSIMが導入されていくのかにも注目です。

オンラインショップでY!mobileを契約。[AD]
Y!mobileオンラインショップ
すまほん!!を購読しませんか?

Twitterでも最新更新を配信・通知しています

フォローする 再度表示しない