ノッチ幅が微減?iPhone 13 Proと見られるモックアップがリークされる すまほん!!

 Apple関連の情報に精通した国内ブログ「Macお宝鑑定団Blog」は、Appleの次期スマートフォン「iPhone 13 Pro」と見られる製品の3Dモックアップを入手し、その情報を公開しました。

 Macお宝鑑定団Blogが公開したモックアップからは、本体表面・背面の基本的な設計が確認できます。情報によりますと、本体の大きさはiPhone 12 Proと変わらず、ノッチ部のサイズは、高さ5.35mm、幅26.8mmとされています。iPhone 12 Proのノッチ(高さ5.3mm、幅34.83mm)と比較すると、高さはほぼ変動がなく、幅が少し狭くなったようです。

(画像出典:Macお宝鑑定団Blog)

  また、通話用のマイクとスピーカーは、最近のXperiaシリーズやGalaxyシリーズのように、ノッチ中央から本体上部のベゼルに統合されています。それに伴い、iPhone 12 Proではマイクとスピーカーの左側に配置されていたインカメラや赤外線センサーなどは、iPhone 13 Proではノッチの中央に移動しています。

(画像出典:Macお宝鑑定団Blog)

 カメラ部の位置やサイズなどの背面デザインは、iPhone 12 Proとほぼ変わりません。本体サイズやカメラ位置に変更がない場合、iPhone 12 Pro用のスマートフォンケースと互換性を持つ可能性があります。

(画像出典:Macお宝鑑定団Blog)

 今回リークされたモックアップは、Appleがアクセサリメーカーに定期的に提供している設計寸法から作成された可能性があるとのことです。iPhone 13 Proシリーズには多くの噂が飛び交っており、著名リーカーのIce Universe氏は、昨年「ノッチサイズが小型化する」とのリーク情報を出していました。しかし、このモックアップを見る限り、ノッチサイズの小型化は若干程度であり、iPhone 12 Proとそれほど大きくは変わっていません。

 このモックアップから得られた情報が正確なものかは今のところ分かりませんが、本当だとすれば、ノッチの劇的な小型化を期待していたユーザーには少し残念なニュースかもしれません。