ソフトバンク版AQUOS R6にもHDR/AF改善アプデ。 すまほん!!

 SoftBankは、SHARPのスマートフォン「AQUOS R6」向けのソフトウェア更新について告知しました。

 ソフトウェア更新の内容は、カメラ画質の改善、カメラアプリのオート撮影時のナイトモード改善、セキュリティの向上。基本的にドコモ版に配信された内容と同じと見られます。

 ソフトウェア更新にかかる費用は無料。更新後のビルド番号はS0023。2021年7月14日より順次配信中。Wi-Fiおよびモバイルネットワークで更新可能。更新完了までの所要時間目安は最大20分程度。更新手順は以下の通り。

【メインメニューから行う場合】

  1. アプリ一覧から【設定】を選択
  2. 【システム】を選択
  3. 【詳細設定】を選択
  4. 【システムアップデート】を選択
  5. 【アップデートをチェック】を選択
  6. 【今すぐ再起動】を選択

【ステータスバーのアイコンから行う場合】

  1. ステータスバーにマークが表示されていたらステータスバーを下にドラッグ
  2. 【システムアップデート】をタップ
  3. 【今すぐ再起動】を選択

 筆者はドコモ版のAQUOS R6を使用していますが、不満点は写真の自動露出やHDR、AF関連の詰めの甘さでした。アップデート適用後には、これらの不満点に改善を感じており、適用必須のアップデートだと感じます。

 一方で、ナイトモードで使用可能だった「三脚固定撮影」判定(30秒露光モード)が、オート時にも動作するようになったのですが、自分の場合ちょくちょく誤作動する上にキャンセルできないのが不満です。この辺りの調整も待たれます。

NTT docomoの最新端末をチェック。
ドコモオンラインショップ
SoftBankの最新端末をチェック。
SoftBankオンラインショップ