独立後初ハイエンド「Honor Magic3」発表。ProにはdToF+フリッカー/色温度センサー すまほん!!

 Honorが8月12日にフラッグシップスマホ、「Honor Magic3」シリーズをグローバル発表しました。同社が禁輸措置から逃れるためHuaweiから独立して初めてのフラッグシップ製品となります。

Honor Magic3

 Honor Magic3はSoCにSnapdragon 888を搭載。ディスプレイは6.76インチの有機ELで10bit表示やリフレッシュレート120Hzに対応。画面端部はおよそ89°カーブしており、この角度は物理ボタンが電源ボタンのみであったHuawei Mate 30 Proをわずかに凌いでいますが、Honor Magic3シリーズは音量ボタンも含めすべて配置されています。

 Honor Magic3は5000万画素メイン+6400万画素モノクロ+1300万画素超広角+レーザーフォーカスといった構成。IMAXとコラボしスマホとしては初めてLOG形式での録画がサポートされ、映画調の動画が撮影できると謳っています。インカメラは1300万画素とToFセンサーを用意しており、安全な顔認証が可能です。

 バッテリーは4600mAh。最大66Wの急速充電をサポートしますがワイヤレス充電には非対応。

 本体色はガラスの黒と白に加え、日の出や日の入り付近の空の色を合皮で再現したGolden hourとBlue hourの4色を用意。メモリ8GB/ストレージ256GBのモデルのみであり、価格は899ユーロ、日本円で11万6000円となっています。

Honor Magic3 Pro/Pro+

 Honor Magic3 Pro/Pro+のSoCはSnapdragon 888+。2日前に発表されたXiaomi Mi MIX 4に続く二例目の採用となります。

 ディスプレイのスペックはHonor Magic3と変わりませんが、カメラのスペックが大幅に強化。Honor Magic3 Proは5000万画素メイン+dToFセンサー+OIS対応6400万画素ペリスコープカメラ+1300万画素超広角+色温度、フリッカーセンサー+6400万画素モノクロとなっており、Magic3 Pro+はさらに超広角レンズが6400万画素に強化されています。このうちペリスコープカメラは光学3.5倍、最大100倍ズームに対応しているとしています。

画像はHonor Magic3 Pro

 バッテリーは4600mAhと変わらないものの、50Wのワイヤレス充電に対応。またIP68に対応しており、完全防水となっています。

 Honor Magic3 Proの本体色は黒と白、Golden hourの三色。Magic3と同様にメモリ8GB/ストレージ256GBのモデルのみ提供され、価格は1029ユーロ、日本円で13万3000円となっています。

 Magic3 Pro+の本体色はブラックとホワイトのみ。12GBのメモリと512GBのストレージを備え、価格は1499ユーロ、日本円で19万4000円となります。

 ただし、これらのユーロで示された価格には欧州の高い付加価値税が含まれている場合があり、実際に販売された際にはこれ以上に安く購入できる可能性もあります。

 米国の輸出規制から逃れた影響でHonor Magic3シリーズはGMSに正式に対応していますが、すでに米国議員からHonorも禁輸リストに追加する動きも出ています。今後の動向を注視したいところです。

  Honor Magic3 Honor Magic3 Pro Honor Magic3 Pro+
OS Android 11 (Magic UI 5)
SoC Snapdragon 888 Snapdragon 888+
メモリ 8GB 12GB
ストレージ 256GB 512GB
ディスプレイ 6.67インチ有機EL、HDR10+、リフレッシュレート120Hz
カメラ 5000万画素メイン+6400万画素モノクロ
  1300万超広角+レーザーフォーカス 1300万超広角+6400万望遠+dToF+色温度、フリッカーセンサー 6400万超広角+6400万望遠+dToF+色温度、フリッカーセンサー
インカメラ 1300万メイン+ToF
バッテリー 4600mAh、66W急速充電 4600mAh、66W急速充電、50Wワイヤレス充電
寸法 162.8 x 74.9 x 8.99 mm(白、黒)、
162.8 x 74.9 x 9.5 mm(合皮)
162.8 x 74.9 x 9.9 mm
重量 203g(白、黒),202g(合皮) 213g(白、黒),212g(合皮) 236g
本体色 白、黒(ガラス)、Golden hour、Blue hour(合皮) 白、黒(ガラス)、Golden hour(合皮) 白、黒(ガラス)
海外スマホ個人輸入の定番
etoren
ETOREN イートレン
使い方
中華ガジェット個人輸入の定番サイト
ETOREN(解説) Banggood(解説) GearBest(解説)
Geekbuying TOMTOP