「史上最悪のマーケティング」。OnePlusの釣り宣伝が不評 すまほん!!

 きのう、OnePlusが同社公式Twitterにて発表予告のティザー映像を投稿。折り畳みスマホの新製品の登場を予感させました。

 映像は折りたたみ式に見えるスマホが登場しており、さらに投稿文や動画終盤にある「8.11 10am ET」、つまり日本標準時や韓国標準時にすると8月11日23時となり、これはSamsungの折り畳みスマホ「Galaxy Z Fold3」や「Galaxy Z Flip3」の発表と全く同時刻。明らかに意識。

 しかし実際に公開されたのは、「OnePlus 9」の半額セールの告知でした。

 他社の先進的な製品のお披露目に合わせてつまらないミスリードを誘うティザーに対してSNS上のリプライ等で批判が集中。同社公式Instagramでこの映像の投稿に対してはネガティブな意見が飛び交い、最もいいねの付いたコメントは「最悪のマーケティングだ」でした。Twitterでも同様にネガティブな投稿が最もいいねを集めました。

 もちろんOnePlus級のメーカーとなれば端末の発表前には何らかのリークが飛び交う上、OnePlusのCEOはインタビューに対し「折りたたみ端末についてはソフトウェアの最適化ができていないために発売する準備が整っていない」と答えており、今回突然に折りたたみスマホが発表される可能性はないに等しいものでしたが、そうした事情を踏まえていない多数のユーザーたちが拒否反応を示した形となりました。

 本件について海外サイトは、Phone Arenaは「史上最悪のTroll(釣り、荒らし)」と呆れて伝える一方、Android Centralは「折り畳み端末の兆候はなかったので驚かない、楽しい方法だ」と寛容な見方を示しました。