リアルミーから14型ノートPC「Realme Book Slim」発表。6万円台から すまほん!!

 Realmeが中国など一部市場向けに同社初のノートパソコン「Realme book Slim」を発表しました。高精細な画像や比較的細いベゼルを採用しておきながら6万円台からと比較的リーズナブルな価格となっています。

 CPUは下位グレードがCore i3-1115G4、上位グレードはCore i5-1135G7を搭載。とくにCore i5-1135G7に搭載されているIris Xe Graphicsは内蔵グラフィックとしては優秀で、スペックを必要とするFPSなど3Dゲームもある程度はプレイ可能となっています。

 そういった用途を想定しているのか、Realme Book Slimはデュアルファンを搭載しています。本体底部から吸気、奥側に排気しており手元がそれほど熱くならずにゲームができそうです。メモリは8GB、ストレージは256/512GBのSSD。

 ディスプレイは14インチIPSのQHD(2160×1440)となっており、一般的なノートパソコンより高精細になっています。ディスプレイの比率は近年採用が増えている3:2。上下に流れるWebサイトが多い中で16:9のディスプレイよりも多くの情報を表示できることだそう。また、画面占有率は90%となっており、かなりスタイリッシュに映ります。

 バッテリーは54Whで駆動時間は11時間と、あまり電池が持たなさそうな印象を受けますが、USB-PDでの65Wの急速充電に対応。30分で50%分の充電が可能であるとしています。重量は1.38Kgで同型のノートパソコンとしては平均より多少軽めな重量です。

 ポートはUSB-C 3.2 Gen 2が2つ、USB-A 3.1が1つにヘッドホンジャックとかなりシンプルになっています。上位グレードはUSB-C 3.2 Gen 2のうち一基がThunderbolt4に対応。

OS Windows 10 home
CPU Intel Core i3-1115G4,Intel Core i5-1135G7
メモリ 8GB
容量 256,512GB
画面 14型3:2(2160×1440)
インカメラ 100万画素
電池 54Wh,11時間,65W急速充電,USB-PD
寸法 307.21×228.96×14.9mm,1.38Kg
その他 指紋認証、バックライトキーボード

 そのほか、指紋認証やDTSによるサラウンドシステムに対応。3段階バックライトキーボードやMicrosoft Office 2019 Home&Studentを備えるようです。

 また、PCにスマホの画面をミラーリングし、操作できる機能に対応。通常のWindows PCではGalaxyスマートフォンのみ対応していますが、それに似た機能がRealme製スマホで使用できます。当面は同日にインドでの発売が発表されたRealme GT Master Editionのみとなっていますが、将来的には対応機種をRealmeブランドのスマホの多くに拡大していくとしています。

 本体色はReal GreyとReal Blueの二色。価格はCore i3-1115G4搭載、SSD256GBの下位グレードが44999₹(日本円で6万6000円)、Core i5-1135G7、512GB SSD搭載の上位グレードが56999₹(同8万4000円)となっています。