サムスン製アプリから広告が削除されることが決定。ユーザーや従業員の声を重視 すまほん!!

 Samsungは自社製アプリ内に広告を表示していますが、ユーザーや従業員からの反発により、そうした広告を削除すると決定したことがわかりました。

 これは、韓国の大手通信社である聯合ニュースが報じていたもの。サムスン電子の社長兼モバイル通信事業部長である盧泰文氏が、従業員との会議において表題の広告に関する質問に回答したことから明らかになったとされていました。

 この報道を受けたSamsungがThe Vergeに寄せた声明によると、「Samsungは、Samsung Weather、Samsung Pay、Samsung Themeなどの自社製アプリでの広告表示を中止する決定を下しました」とのこと。

Samsung製アプリ内に表示される広告の例 画像出典:9to5Google

 また同社は、「私たちの優先事項は、消費者の需要と要望に基づいて革新的なモバイル体験を提供することです。 私たちはユーザーからのフィードバックを大切にし、私たちのGalaxy製品およびサービスから可能な限り最高の体験を提供するためのコミットメントを継続します。」とも述べています。

 聯合ニュースはOne UIのソフトウェアアップデートを通じて広告の削除が行われるとしており、Samsungの声明では2021年後半までにアップデートの準備が整う予定とされています。

 個人的には、10万円を超えるような価格の端末にまで広告が表示されるのは流石にやりすぎだと感じるため、今回の変更は喜ばしいことのように思います。結局削除するなら最初から表示するなよと思われる方もいらっしゃるかもしれませんが、どのような形であれ、ユーザー重視の姿勢を実際に行動で示すのは素晴らしいことだと言えるでしょう。