日本初「超小型パソコン」専門店、アキバに爆誕ッ!!!ライバルUMPCも一堂に会す画期的展示 すまほん!!

 秋葉原に日本初のUMPC専門店「ハイビーム秋葉原本店」が誕生します。本日9月25日にプレオープンしました。

 本店はUMPC(小型パソコン)、ゲーミングPCを専門的に取り扱います。店舗運営は「株式会社ハイビーム」。同社はGPD社製品の国内正規代理店「天空」が立ち上げた新会社で、ゲーミングデバイスやUMPC「AYA NEO」販売やeスポーツ事業を手掛けます。

AMD Ryzen採用で注目のポータブルゲーミングPC。展示されていたのはクラウドファンディング仕様で、10月中旬発売予定の一般販売製品版では画面や一部操作系への改善が加わる予定であるといいます

 取り扱う製品としてはAYA NEOやGPD社製品。プレオープンではGPD WIN3やGPD WIN MAXが展示されていました。

GPD Win Max 2021

 それだけではなく、なんとGPDのライバルであるOne-Netbook社の製品も。プレオープンではOne-Netbook A1やONEXPALYER、OneGx1 Pro、OneMix4が展示。

ONEXPLAYER

 One-Netbookの国内正規代理店である株式会社テックワンからも製品を仕入れているとのこと。まだまだ狭いUMPC市場を盛り上げるべく、たとえライバルであっても協力し合う姿勢が垣間見えます。

テックワン中林代表から開店を祝う花が

 eGPU体験コーナーでは、任意のUMPCを接続し、そのポテンシャルの高さを大画面モニターで確認可能。

 まだプレオープンということで製品販売は行われておらず、店舗内スペースを全て有効活用できていない部分もありましたが、今後アウトレット等拡充していく予定とのこと。

 やはりUMPCの肝はその携帯性の高さ。ハイパフォーマンスを持ち運べることに意義があります。では実際にどのぐらいのサイズで、自分の使いたい鞄に収まりそうなのか?自分の動かしたいソフトやゲームは動作しそうなのか?どの機種が自分に合いそうなのか?実際に確認する手段がなかなか乏しかったのが現実です。それらを実現、しかもじっくり比較検討できる場というのは本当に貴重であり、UMPCが根付くためにも順調に育っていって欲しい店舗と言えます。

 店舗所在地は東京都千代田区外神田5-5-1 金谷ビル1階。当面は不定期営業のため、オープン日は公式サイトTwitterを確認することを推奨。次回開店予定日は10月1日。

追記:グランドオープンは10月2日(土)。

 AYA NEO 2021シリーズはAmazon.co.jpでも販売。先行予約キャンペーンとしてANANEO 2021 PRO10%クーポンありとのこと。発売は10月中旬予定。