Xiaomi 11Tグローバル発表。10億色120Hz画面やHarman/Kardonデュアルスピーカー すまほん!!

 ただでさえ魅力的なのに、おサイフ搭載国内版も?

 Xiaomiは、9月15日の新製品発表会にてハイエンドスマホ「Xiaomi 11T/11T Pro」を発表しました。すべての性能がかなり高くまとまっている中でカメラ性能に注力。さらにiPhone 13シリーズと同様に映画のような撮影を可能にする機能が備わっているようです。

Xiaomi 11T

 Xiaomi 11TはSoCにDimensity 1200-Ultraを、Xiaomi 11T ProはSnapdragon 888を搭載。メモリは8/12GB、ストレージは128/256GB。

 ディスプレイは有機ELの6.67インチ、リフレッシュレートは120Hzでタッチサンプリングレートは480Hzとかなり高速。10億色の表示やDolby Visionに対応しているようです。強化ガラスには現状最高峰である「gorilla glass Victus」を採用。ハイエンドスマホとして遜色ない表現力です。また、Harman/Kardonの監修を受けたデュアルスピーカーを備え、Dolby Atmosに対応。スピーカーでの表現力を自慢にしています。

 カメラは1億800万画素メイン+1200万画素超広角+800万画素マクロの三眼構成。HDRに対応し、Xiaomi 11T Proはさらに8K撮影をサポートしています。そのほかフォーカスを合わせた方向の音を大きくするAudio Zoomなど、特徴的な機能を提供しています。

 バッテリーは5000mAhのデュアルセル、11Tは67W急速充電に対応し36分で満充電が可能としていますが、Xiaomi 11T ProはXiaomi HyperChargeと呼称する120W充電に対応しており、Xiaomi 11T Proは17分で満充電が可能。-10℃の極寒の環境においても充電は可能と謳っています。Xiaomi 11T Proには120Wに対応する充電器ももちろん付属、ノートパソコンなどほかの製品にも使えることをアピールしています。

 本体色はホワイト、ブルー、ブラックの三色。

 Xiaomi 11Tの価格はメモリ8GB/ストレージ128GBのモデルが499€(6万4000円)、8/256GBのモデルが549€(7万円)。

 Xiaomi 11T Proの価格は8/128GBのモデルが649€、日本円で8万3000円となっていますが早期購入特典で50€差し引かれて599€、7万7000円。また、8/256GBのモデルは699€(9万円)、12/256GBのモデルが749€(9万6000円)となっています。

    128GB 256GB
Xiaomi 11T 8GB 499 € 549 €
Xiaomi 11T Pro 8GB 649 € 699 €
12GB   749 €

 なお、本機はティザー画像のレンダリング背面にFeliCaロゴが確認されており、おサイフケータイに対応した国内版が準備されていることが伺えます。

スペック表

Xiaomi 11T

OS MIUI 12.5(Android 11)
SoC Dimensity 1200-Ultra
メモリ 8GB
容量 128/256GB
画面 6.67型有機EL,FHD(2400×1080),120Hz
カメラ 1億800万画素メイン+800万画素超広角+500万画素マクロ
インカメラ 2000万画素
電池 5000mAh,67W,充電器付属
寸法 164.1×76.9×8.8mm,203g
その他 NFC,Wi-Fi 6/BT5.2,デュアルスピーカー,HDR 10+

Xiaomi 11T Pro

OS MIUI 12.5(Android 11)
SoC Snapdragon 888
メモリ 8/12GB
容量 128/256GB
画面 6.67型有機EL,FHD(2400×1080),120Hz
カメラ 1億800万画素メイン+800万画素超広角+500万画素マクロ
インカメラ 2000万画素
電池 5000mAh,120W,充電器付属
寸法 164.1×76.9×8.8mm,204g
その他 NFC,Wi-Fi 6/BT5.2,デュアルスピーカー,HDR 10+
海外スマホ個人輸入の定番
etoren
ETOREN イートレン
使い方