夢と希望が詰まってる!新型Linuxフォン「PinePhone Pro」登場 すまほん!!

 2年前、PINE64が意欲的なLinuxスマートフォン「PinePhone」を発売しましたが、同社はさらに進化した「PinePhone Pro」を発表しました。

 カメラ、マイク、Wi-Fi&BT、ヘッドフォンジャック、LTEモデム(GPSを含む)を切るDIPスイッチは、前モデル同様に裏面カバーを取り外してすぐに切替可能。これらをハードウェアでオフにできるのはプライバシー面では極めて強力と言えます。普通のスマホではなかなかお目にかかれないギミックですね。

 なおポゴピンと裏面カバーは前モデルと共通となっているため、周辺機器を共有できます。

 OSはManjaro Linux with KDE Plasma Mobileで、Ubuntu TouchやSailfish OSなどLinuxベースのモバイルOSを導入可能。開発のためのリファレンスモデルとしての用途が考えられます。

 スペックは、6型IPS液晶(1440×720)パネル、Rockchip RK3399S 1.5GHz ヘキサコアSoC、4GBのLPDDRRAM、128GBのeMMCフラッシュストレージ、3000mAh電池。

 ちなみに前モデルはSoCはAllwinnerA64 1.152GHz、実行3GBメモリ、最大32GBストレージだったのでスペック面が強化されています。

 価格は399ドル。性能向上に伴い前モデルよりも高くなっています。

 microSDカードスロット、13MPメインカメラセンサー(ソニーIMX258)と5MP(OmniVisionOV5640)前面カメラを備えています。筐体寸法は高さ160.8mm、幅76.6、厚み11.1mm。重量は約215g。15W急速充電にも対応します。

 最新のAndroidスマホやiPhoneに比べれば非力ですが、圧倒的な個性を備えた機種となっています。開発者向けモデルが予約受付中で、非開発者向け「Explorer Edition」は来年発売予定。

こんな記事も読まれています

最大60倍ズーム可能!? Vivo X30が来月発表へ

楽天モバイル、「Rakuten Link」不具合で総務省から行政指導。

LINE独自の仮想通貨「LINK」、日本国内で新規取り扱いへ

朗報:楽天モバイルでiPhoneも通話無料に!「Rakuten Link」アプリがiOS対応

ソニー、超小型見守りLTE GPS端末発表。

ワンセグ廃止、性能据え置き、arrows Be4発表

Oculus LinkでPC用「Steam VR」を遊ぶ。導入方法を解説