噂:iPhone 14 Pro、やはりパンチホール採用? すまほん!!

iPhone14Pro回路図

 次期iPhone 14 Proのディスプレイ回路図と思われる画像がリークされました。中国のWeiboで画像が公開され、Jon Prosser氏が自身のYouTubeで共有したことで注目を集めています。MacRumorsが伝えました。

 なかなかの存在感を放っていることがわかります。もしこの画像通りなら好みが分かれそうです。

 Jon Prosser氏は情報の精度を判別する能力が低いため、今回の情報についても眉に唾をつけておく必要があります。

 iPhone 14 Proは、これまで「円形」と「錠剤型」の2つのパンチホールが搭載されるとの情報がありました。ディスプレイ関係を専門とするRoss Young氏は「錠剤型」パンチ穴は中央としており、今回の画像とは配置が異なります。

 なお、同氏によればこの2つのパンチホールが並ぶスタイルは、iPhone 14 Proモデルのみならず2023年に登場するiPhone(おそらく15)でも続投されるとのこと。

 著名AppleアナリストMing-Chi-Kuo氏も、過去に「Appleのface IDがディスプレイ下に搭載されるのは2023年頃から」と予測していることから、iPhoneからノッチが無くなるのは、もう少し先になりそうです。