POCO F4 GT発表。ポップアップトリガー、大振動モーター搭載! すまほん!!

 Xiaomiの実質的なサブブランドであるPOCOは、ハイエンドスマホの「POCO F4 GT」をグローバル市場にて発表しました。Xiaomiの中国向けスマホ「Redmi K50 Gaming」のリネーム・リブランド品ですが、これまでの同シリーズとは一線を画す高性能が特徴です。

パフォーマンス

 POCO F4 GTは、SoCに現状最高峰のSnapdragon 8 Gen1を搭載。Snapdragon 888と比較してCPU性能が20%、レンダリング性能が最大で50%向上していることを謳っています。

 実行メモリは8GBまたは12GB、内蔵ストレージは128GBまたは256GBで、いずれも高速なLPDDR5とUFS 3.1を採用。先代のPOCO F3 GTと比較してストレージへのランダムアクセス性能が116%、メモリへのアクセス性能が94%向上したとアピール。

 冷却システムは複数の層、素材で構築されており、さらなる冷却性能の向上を実現。発熱の深刻なSnapdragon 8 Gen1の真の可能性を発揮させるとしています。

ゲーム関連

 スピーカーは4基備わっており、ゲーム時に様々な機能に割り当てることができるポップアップ式のトリガーを左側面に配置。使用しないときは格納しておくことが可能です。

 また、POCO F4 GTに搭載されている振動モーターは「Androidでおそらく最大」を謳っており、通常のモーターの二倍近い振動エネルギーを発生させることができるとのこと。

 ゲーミングらしさもしっかり備わっており、カメラ周りは複数色で点灯します。着信時や通知が届いた際などに光らせることも可能で、一応実用性もありそうです。

 また、「Lightning flash」と称するフラッシュを備えています。これは単に独特な形状のLEDフラッシュ。個人的にはこのデザイン、直球ですがダサくて嫌いです。

ディスプレイ・カメラ

 ディスプレイは有機EL6.67インチのフルHD+(2400×1080)で、リフレッシュレート120Hz、タッチサンプリングレート480Hz。10億色での色表示をサポートするほか、ゲームなどのフレームレートを上げてしまうMEMC(フレーム補間)に対応。

 フロントカメラは2000万画素。背面カメラでは6400万画素のメインカメラと、800万画素の超広角、200万画素のマクロカメラを搭載します。

 バッテリーは4700mAhですが120W充電をサポート。高速モードではわずか17分で、ゲーム中に充電するための発熱を抑えるモードでは27分で満充電が可能としています。

 また、10万円台を超えるゲーミングスマホでは、横持ちでゲームをプレイしながら充電する際に、ケーブルが邪魔にならないように本体側面にもUSB-Cポートを備えることがありますが、POCO F4 GTはそれがない代わりに、L字型の充電ケーブルが付属。

 コストを抑えながら快適なゲーム体験を実現できそうではある一方、持ちやすく挿しやすい一般的なケーブルは付属していないため、普段使いではむしろ少し鬱陶しくなりそうな印象を受けます。

バンド・価格

 対応バンドは国内の4大キャリアすべてを網羅。さらにTwitterでは「POCO Japan」を名乗るアカウントが開設されています。まだ一切の設定は行われていませんが、本丸のPOCO Globalがすでにフォローしており、まず偽物ではなさそうです。どんな形であれ、日本への投入もかなり期待が持てます。

 本体色はブラックとシルバー、そしてPOCOならではのイエローの3色。価格は最も安いメモリ8GB/ストレージ128GBのモデルで599ユーロ。(約8万円)

 Redmi K50 Gaming Editionは6万円台だったのでかなり高くなっていますが、中国版とグローバル版の価格差が尋常ではないのはよくあることです。

 しかしそれでも先代のPOCO F3 GTはSoCにDimensity 1200を搭載、価格は4万円台ほど。Dimensity 1200の性能はさして高いわけではありませんでしたが、1世代にして価格が2倍近く上がってしまいました。

POCO F3 GTの中国版である、Redmi K40 Gaming Edition。

 当時最高峰のスナドラ845を採用し液冷システムを採用しながら、3万円台というあまりにも安すぎる値段で衝撃を与え、インド人の間で「PUBGやるならPOCO F1」といわしめたPOCOのデビュー作、「POCO F1」の面影はすでに消えてしまったように感じてしまいました。POCO F1のような最高峰のSoCを搭載しながら、心配になるほどの異常コスパを実現したモデル、もう一度登場してほしいところです。

 

スペック表

OS MIUI13
SoC Snapdragon 8 Gen1
メモリ 8/12GB
容量 128/256GB
画面 6.67型 (2400×1080) 120Hz
10億色,480Hzタッチサンプリングレート
カメラ 6400万画素(メイン)
800万画素(超広角)
200万画素(マクロ)
インカメラ 2000万画素
電池 4700mAh
寸法 162.5 × 76.7 × 8.5 mm, 210g
5G n1 / 3 / 5 / 7 / 8 / 20 / 28 / 38 / 40 / 41 / 77 / 78
LTE 1 / 2 / 3 / 4 / 5 / 7 / 8 / 12 / 17 / 18 / 19 / 20 / 26 / 28 / 38 / 40 / 41
その他 120W急速充電対応,Wi-Fi 6E対応,NFC
中華ガジェット個人輸入の定番サイト
ETOREN(解説) AliExpress Global Geekbuying(解説)