ついに制限完全撤廃!ソフトバンクのAndroid用SIMで「iPhoneテザリング」可能に、APN構成プロファイル導入も不要で すまほん!!

 ソフトバンクメインブランド契約のAndroid用SIMにおいて、好きな端末で通信およびテザリングが可能となりました。

 ソフトバンクは長年、SIMが細分化していてiPhoneとAndroidで差し替えできない問題があり、購入したAndroidを使うためのSIMカードは、それ以外のSIMフリーAndroid端末やiPhoneにて通信が不可能でした。

 2021年2月18日、改善を表明。2022年初めには通信が可能に。ただしY!mobile用のAPN入力またはAPN構成プロファイルインストールが必要だった上、テザリングオプション加入有無に関わらずiPhoneでのテザリング不可となっており、不十分な改善状況でした。

 ところが今回、ソフトバンクメインブランド契約のAndroid用SIMをiPhoneに挿したところ、APN構成プロファイルのインストール不要で通信もテザリングも可能となっていました。

 なおiPhoneだけでなくiPadでも同様です。これでAndroid用SIMカードの制限は完全に撤廃されたものとみられます。

 これまでマニアの間には「SIMの使い勝手が悪すぎるのでSoftBankのAndroid端末はあまり買いたくない」という心理が働きがちでしたが、今後はこうした心配なくSoftBankのAndroid端末を購入できそうです。

 なおソフトバンクのSIMカードは20種類あり、必ずしも全種類が改善されきったとは限らず注意は必要です。

(総務省『携帯電話ポータルサイト』2021年時点の記述)

SoftBankの最新端末をチェック。
SoftBankオンラインショップ